家電量販店 イメージ

新MVNOブランド「ヤマダファミリーモバイル」、初のソフトバンク回線のサービスを提供

2017.02.23

Updated by Naohisa Iwamoto on 2月 23, 2017, 06:25 am JST

U-NEXTとヤマダ電機の合弁会社であるY.U-mobileは、新しいMVNOブランド「ヤマダファミリーモバイル」を立ち上げるとともに、ソフトバンクの回線を利用した初めてのMVNOサービスの提供を開始することをアナウンスした。

ヤマダファミリーモバイルは、Y.U-mobileが現在NTTドコモの回線を利用して提供しているMVNOサービス「YAMADA SIM powered by U-mobile」をリニューアルして、4月1日から提供する新ブランドとなる。リニューアルに先駆け、3月22日にはソフトバンクの回線を利用したMVNOサービスを開始する。iPhone用(nanoSIM、データ専用)の取り扱いから開始、全国のヤマダ電機の店舗で販売を始める。SIMロックフリー解除の対象となる前のソフトバンクのiPhoneのユーザーが、端末を変えることなく格安SIMを利用できるようになる。

ヤマダファミリーモバイルによるソフトバンク回線のMVNOのサービス開始は、U-NEXTと日本通信の協業がベースにある。日本通信はプラットフォーム開発と提供に専念するMVNEとなり、エンドユーザーへのサービス提供はMVNOとしてのU-NEXTが受け持つというもの。U-NEXTがヤマダ電機と合弁会社を作ることで、日本通信とソフトバンクの相互接続によって可能となったソフトバンク回線のMVNOサービスが、「ヤマダファミリーモバイル」ブランドで提供されることになった。ヤマダ電機は47都道府県に店舗を構え、全国各地での顧客接点が大きいため、ソフトバンクのiPhoneユーザーの格安SIMシフトを推進することになりそうだ。、

【報道発表資料】
新たなMVNOブ ランド「ヤマダファミリーモバイル」をリリース、ソフトバンク回線で初のMVNOサービスも提供開始
「U-mobile」、日本通信からの提供を受けソフトバンク回線で初のMVNOサービスをリリース
日本通信のソフトバンク格安SIM、全国のヤマダ電機で販売へ

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。

RELATED NEWS