WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

鳥 群れ 動向 イメージ

Twitterで世の中を分析する

2017.11.10

Updated by WirelessWire News編集部 on 11月 10, 2017, 07:00 am JST

Twitterには様々なことが書き込まれる。鎮痛剤のオピオイドは、アメリカでは乱用が大きな問題になっている(「オピオイドとは ケシ由来の鎮痛剤、米で乱用が問題に」)。過剰摂取により歌手のプリンスが死亡したことでも知られる薬だ(「プリンスさん、死因は医療用麻薬の過剰摂取 検視当局」)。カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究者らは、教師なし学習のAIにcodeine(コデイン)、oxycodone(オキシコドン)などのキーワードを含む60万件余りのツイートを読み込ませて、オピノイド系薬物の違法な取引に該当する投稿1778件を抽出させることに成功した(「Machine Learning to Detect Prescription Opioid Abuse Promotion and Access via Twitter」)。

イギリスのイースト・アングリア大学では、Twitterを使ってサッカーの試合結果を予測するという研究が行われている(「Tweets can help predict the outcome of football matches」)。ツイートのトーンを調べると、どのチームが勝ちそうか、あるいはオンラインの賭け金が適正かどうかなども分かるという。イギリスのプレミアリーグ(EPL)シーズン中の1380万ツイートをマイクロブログ辞書でポジティブかネガティブかを判定し、オンラインのブックメーカー(賭け屋)最大手のBetfairにおける試合中の賭け金とも照らし合わせた。ツイートは、ゴールやレッドカードの直後のものが予想に役立つらしい。

ソーシャルメディアを使った予測はこれまでにも数多く行われてきた。2012年の段階でアメリカ保険福祉省による、Twitterに書き込まれた健康に関するコメントを分析し、病気の拡がりを察知するツール(「ツイッターで病気の拡がりを察知するアプリ」)が発表されている。最近では、ツイートと犯罪発生にも関係があるという研究(「ツイートが犯罪発生予測に役立つ」)が明らかになった。

Twitter社そのものは、赤字やユーザー数の減少に苦しんできたが、最近になって株価が上昇するなど復活を予想する向きもある(「今年中に黒字化の見通しにTwitte株価急上昇――第3四半期決算好調」)。

【参照情報】
Machine Learning to Detect Prescription Opioid Abuse Promotion and Access via Twitter
Tweets can help predict the outcome of football matches

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら