WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

電子書籍 読書 盗み見 イメージ

デジタルコンテンツで電子書籍のみ海賊行為が増加 ほか

Magazine News November 4th week,2019

2019.11.22

Updated by Wataru Nakamura on November 22, 2019, 13:38 pm JST

『スポーツ・イラストレイテッド』誌、新たな経営陣のもとでリストラを実施へ【USA Today 10/3】
米スポーツ誌『スポーツ・イラストレイテッド』の新たな経営陣は現地時間10月3日、現在約150人いる同誌のスタッフを40人以上削減することを発表。今後は新たに200人のフリーランサーと契約して大学およびプロスポーツチームの記事をカバーするという。『スポーツ・イラストレイテッド』誌の知的財産は今年5月、米メディア大手のメレディス(Meredith)からブランドライセンス企業のオーセンティック・ブランズ・グループ(Authentic Brands Group、ABG)に売却されており、その後同誌のデジタル版およびプリント版の出版権をデジタルメディア企業のメイヴン(Maven)が獲得していた。

原文:Sports Illustrated, under new management, cuts jobs

メレディス、90年の歴史を持つ『ファミリー・サークル』誌を廃刊【WWD 10/17】
米メディア大手のメレディスは先ごろ、同社が発行するライフスタイル誌『ファミリー・サークル』の廃刊を発表。およそ90年の歴史を持つこの月刊誌は2019年12月号が最終号となるという。メレディスでは2018年1月のタイム社買収以来、『フォーチュン』や『タイム』、『スポーツ・イラストレイテッド』の売却など、傘下の雑誌の整理を進めている。同社は最近では、デジタルや動画、Eコマース事業への5000万ドルの投資も発表していた。

原文:Meredith Shuttering Almost 90-Year-Old Family Circle

図書館向け電子書籍の提供でもめるマクミラン【Vice 10/31】
米国有数の大手出版社であるマクミランは現地時間11月1日、図書館向け電子書籍の新たな貸出モデルを導入。各図書館の電子版新刊書の購入を発売から8週間は1冊に制限するこのモデルに対しては、非営利団体の米国図書館協会(American Library Association、ALA)らが「ebook for all」と呼ばれる反対キャンペーンを展開しており、すでに16万人以上の署名が集まっているという。

原文:One of America’s Largest Publishers Is Screwing Over Libraries

オランダ、デジタルコンテンツで電子書籍のみ海賊行為が増加【Torrent Freak 10/12】
アムステルダム大などの研究者がオランダにおけるメディア消費と海賊行為の習慣を調査。同国では2012年と2017年のデータを比較して、映画やゲーム、音楽などのメディアではデジタル販売やストリーミングが拡大する中で海賊行為は減少していたものの、電子書籍のみは海賊行為が増加していたという。この研究の著者は、現在の電子書籍の配信体制や適切なサブスクリプションサービスの不足などがこの原因に挙げている。

原文:Ebook Piracy Grows, Contrary to The Trend

電子書籍読み放題サービスの「Scribd」、メキシコでもサービスを開始【Good E Reader 10/22】
米国発の電子書籍・オーディオブック読み放題サービスの「Scribd」が先ごろ、メキシコでのサービス提供を開始。同社は過去1年でメキシコのユーザーが大幅に増加したことから同国での正式なサービス開始を決定したといい、現時点でおよそ6万冊のスペイン語書籍のランナップが月額8ドル99セントで提供されるという。現在100万人以上の有料会員を持つ「Scribd」は、メキシコ市場への参入を皮切りに南米市場へのさらなる拡大を目指しているという。

原文:Scribd is now available in Mexico

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら