WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

教育 PC コロナ イメージ

マイクロソフト、ユニセフなどが若者向けデジタル学習プラットフォームで協力 他2本

DX News December 5th. week, 2021

2021.12.27

Updated by Wataru Nakamura on December 27, 2021, 14:47 pm JST

マイクロソフト、ユニセフなどが若者向けデジタル学習プラットフォームで協力【Telegraph India 12/13】
マイクロソフトとユニセフ、アクセンチュア、ドバイケア(UAEの慈善団体)は、世界中の15-24歳の若者が無料でアクセスできるデジタル学習プラットフォーム「The Passport to Earning」をリリース。同プラットフォームは、若者への質の高い教育や雇用機会の提供を目指すユニセフの「Generation Unlimited」パートナーシップの下で運営され、コロナ禍で教育の危機に直面する人々に向けて無料の認定教育や技能訓練を提供するという。

原文:Global learning platform launched by Microsoft, UNICEF, Accenture and Dubai Cares

インドの医療教育機関、メタバースを通じた医療トレーニング提供で米スタートアップと協力【The Print 12/16】
テクノロジーを活用した医療教育を推進するインドのGlobal Healthcare Academy(GHA)は現地時間12月16日、メタバースでの医療教育・研修で米スタートアップの8chiliとの提携を発表した。両者は既に歯科や口腔外科、整形外科、頭蓋底など複数の専門領域において合計200時間以上のVRコンテンツを公開。GHAは2022年以降、世界中の2万人以上の医療従事者向けにこのような没入型のトレーニングコースを提供する予定だという。

原文:Global Healthcare Academy and 8chili Inc. launch training platform in the Metaverse

VR/ARミーティング・アプリのSpatialが事業転換、Web対応や没入型NFT環境販売を開始【CNET 12/14】
VR/AR会議システムを手掛ける米Spatialは、VRヘッドセットに限らず、スマートフォンやPCのブラウザからもアクセスできるメタバース空間を提供する事業に乗り出す。同社が提供するのはNFTクリエイター向けのギャラリーやイベントスペースで、没入型の3D NFT(non-fungible token)環境を販売・レンタルする事業も開始するという。

原文:Spatial shifts its metaverse focus to the web, and selling NFT real estate

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

中村 航(なかむら・わたる)

1985年生まれ。福岡県福岡市出身。翻訳者。テクノロジーやファッション、伝統工芸、通信、ゲームなどの分野の翻訳・校正に携わる。WirelessWire Newsでは、主に5G、セキュリティ、DXなどの話題に関連する海外ニュースの収集や記事執筆を担当。趣味は海外旅行とボードゲーム。最近はMリーグとAmong Usに熱中。