WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

オフィス ワークスタイル 休息 イメージ

日本マイクロソフト、週勤4日体制で生産性が向上 ほか

Workstyle News December 2nd week,2019

2019.12.13

Updated by Wataru Nakamura on December 13, 2019, 16:00 pm JST

日本マイクロソフト、週勤4日体制で生産性が向上【BBC 11/4】
日本マイクロソフトは先ごろ、週4日の勤務体制の試験的導入で生産性が40%向上したことを明らかにした。同社は今年8月、毎週金曜日を有給の特別休暇とする制度を試験的に導入し、会議を最大30分までに制限したほか、オンラインミーティングを推進するといった施策を実施していた。

原文:Microsoft four-day work week 'boosts productivity'

米ニュージャージー州、従業員の誤分類でウーバーに6億4000万ドルを請求【AP 11/15】
米ニュージャージー州は先ごろ、ライドシェアリングサービスのウーバーが自社のドライバーを従業員でなく独立請負業者に誤分類したとして、未払いの雇用税とその利子、罰金を合わせて同社に6億4000万ドル以上を請求した。米国では、カリフォルニア州がギグ・エコノミー労働者を従来の労働者と同じように扱うことを義務付ける法案を可決するなど、ギグ・エコノミー企業を取り囲む状況が変化しつつある。

原文:Uber Fined $649 Million for Saying Drivers Aren’t Employees

新たな調査が示唆する「リモートワークのための転職」【Forbes 11/13】
業務自動化ツール開発のZapierが知識労働者のリモートワークに関する意識を調査した「The Remote Work Report」をリリース。この中で、米国の知識労働者(同調査では「主に職場でPCを使った業務に従事する労働者」と定義)の26%が、リモートワークを許可する企業への転職のために仕事をやめた経験があることが明らかになった。調査対象者のうち、リモートワーク制度を求める労働者の割合は95%に上った。

原文:Offer Remote Working Or Prepare To Lose Your Best Staff, Survey Warns

休暇取得に罪悪感を覚えるジェネレーションZ【Business Insider 11/7】
オンライン旅行会社のPricelineが米国人の休暇に関する調査「Work-Life Balance Report」をリリース。この中で、3分の1近くの米国人が年末時点で7日以上の休暇を使わないまま残していたことが明らかになった。この理由には「仕事から離れることに罪悪感を感じる」、「忙しすぎる(あるいは休暇によって忙しくなる)」といったものが挙げられており、特にジェネレーションZ(1990年代後半から2000年代にかけて生まれた世代)では、休暇を取ることに罪悪感を覚える労働者の割合が24%と高かった。

原文:Gen Z only just started working, and they already have the worst work-life balance

柔軟なワークスペースやコワーキングスペース、今後10年で米国の地域経済に多大な貢献【PR Newswire 11/19】
レンタルオフィス大手のRegusによる新たな研究によれば、世界の主要都市以外での柔軟なオフィススペースやコワーキングスペースの拡大は、各地の地域経済を活性化させ、今後10年で米国の地域経済に1270億ドル以上、世界の地域経済に2540億ドル以上もの経済効果をもたらす可能性があるという。

原文:Flexible Workspaces and Coworking Could Contribute Over $127 Billion to Local Economies in the U.S. in the Next Decade

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら