WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ワークスタイル オフィス 人々 イメージ
オフィス ワークスタイル 休息 イメージ
高齢 フリーランス PC イメージ

LATEST NEWS

2026年の米各都市のテック人口予測

テック業界の先行きを見るにあたっては、一体どういう人々がどういう場所で働くのかということも 重要ですね。どういった場所で次のホットな技術が生まれるか、ということを予想するのに大変役に立つからです。 昨年、「2026年まで […]

2020.01.28

ゴーンの逃亡劇からテック業界が学ぶべきこと

昨年末の日本の最も驚くべきニュースの一つはカルロス・ゴーン氏の逃亡劇でありましたが、欧州ではどのように報道されていたかということに興味がある方が多いのではないでしょうか。 一部フランスのメディアは日本の司法制度を批判する […]

2020.01.27

イギリス保守党勝利がテクノロジー業界に及ぼす影響(2)

前回の記事では、保守党の勝利がテクノロジー業界に及ぼす影響として、企業に関する税制が大変有利な方向に進む可能性が高いとご説明しました。 その他に注目すべき施策としては、保守党がギグエコノミーワーカーに配慮した税制を計画し […]

2020.01.25

イギリス保守党勝利がテクノロジー業界に及ぼす影響(1)

昨年末のイギリス総選挙では、保守党が80年代以来最大の勝利となり労働党が大敗しました。 この結果は、テクノロジー業界にどのような影響を及ぼすのでしょうか。 テクノロジー業界にとっては、保守党の勝利は大変ラッキーであったと […]

2020.01.20

Glassdoor、2020年版「働きやすい企業ランキング100」を発表 ほか

UberとPostmates、ギグ・エコノミー関連法案をめぐってカリフォルニア州を提訴【CNN 12/31】 米配車サービスのウーバー(Uber)とフードデリバリー企業のポストメイツ(Postmates)は現地時間201 […]

2020.01.17

Society 5.0を実現するモビリティとロボットが織りなす近未来イノベーション

新たな価値やサービスが次々と創出され、人々に豊かさをもたらす「Society(ソサエティ)5.0」を目指して、いま日本政府はあらたな国づくりを進めようとしている。実際にSociety 5.0で活躍しそうな多くのプロダクトも登場しつつある。ここでは、地方創生や働き方改革にも活用でき、近未来のイノベーションにつながりそうなモビリティとロボットについて2019年10月に開催されたCEATEC 2019の展示内容から紹介する。

2020.01.07

EUでテック人材が不足する理由

前回の記事では、欧州全体でテック系人材が不足している件をご紹介しましたが、そもそもなぜ、人がそんなにいないのでしょうか。この人材の不足は、EUが最も頭を悩ませている分野の一つで政策検討課題となっています。 EUの「Enc […]

2020.01.06

テック系の仕事を嫌がる欧州の若者

前回の記事では、欧州最大の経済大国であるドイツでもITを始めとする高度技能人材が大幅に不足しており、国内における養成が追いつかないので移民法の改正で外国人労働者の採用を簡易化する件をご紹介しました。 実は、欧州の他の国も […]

2019.12.18

スキルのある労働者不足に悩む欧州

現在欧州で比較的景気の良い国が直面している最大の問題には、共通点があります。製造業はじめ、ソフトウェアなどの理系業界は予想以上の好景気で、実は大幅な人不足なのです。失業率が高いというイメージがある欧州ですが、実は仕事はか […]

2019.12.16

日本マイクロソフト、週勤4日体制で生産性が向上 ほか

日本マイクロソフト、週勤4日体制で生産性が向上【BBC 11/4】 日本マイクロソフトは先ごろ、週4日の勤務体制の試験的導入で生産性が40%向上したことを明らかにした。同社は今年8月、毎週金曜日を有給の特別休暇とする制度 […]

2019.12.13

ARCHIVES