WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

航空機 工場 整備 イメージ

中国政府、国有航空機メーカーCOMACに国内初のローカル5Gライセンスを付与

5G News Nov 5th. week, 2022

2022.11.30

Updated by Wataru Nakamura on November 30, 2022, 13:58 pm JST

中国政府が国内初のローカル5Gライセンスを国有航空機メーカーの中国商用飛機(COMAC)に付与したと現地のChina Dailyが報道した。「5G plus industrial intenet(5Gと産業用インターネット)」の用途拡大を目指す政府の幅広い取り組みの一環だという。

同媒体によれば、中国工業情報化部(MIIT)は11月27日、湖北省武漢市で開催された「2022 China 5G plus Industrial Internet Conference」の中で、COMACへの企業向けローカル5Gライセンスの付与を発表。割り当てられる帯域は産業向けの5.925-6.125MHzおよび24.750-25.15GHzで、高速接続・低遅延が特徴だという。

COMACは、2008年に設立された中国唯一の国産ジェット機メーカー。同国初の国産単通路旅客機「C919」の開発で知られる。中国政府は、同社へのローカル5Gライセンス付与により、航空機製造現場へのAIやロボットなどの最新技術の導入促進を期待している。

MIITのZhang Yunming副部長は「5G plus industrial internetの革新的な発展により、企業は品質の向上やコストの削減、効率の向上、グリーンで安全な開発を促進することができる」とコメントしている。

[関連情報]
China grants first 5G private license to COMAC
CHINA'S FIRST PRIVATE 5G LICENCE GOES TO AIRCRAFT MANUFACTURER
Chinese government grants private 5G license to aircraft manufacturer

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

中村 航(なかむら・わたる)

1985年生まれ。福岡県福岡市出身。翻訳者。テクノロジーやファッション、伝統工芸、通信、ゲームなどの分野の翻訳・校正に携わる。WirelessWire Newsでは、主に5G、セキュリティ、DXなどの話題に関連する海外ニュースの収集や記事執筆を担当。趣味は海外旅行とボードゲーム。最近はMリーグとAmong Usに熱中。