WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

NTTコムのホットスポット、北米と英国の主要空港でローミング可能に

2010.04.01

Updated by WirelessWire News編集部 on April 1, 2010, 11:30 am JST

201004011130-1.jpg

(cc) Image by Doug Letterman

NTTコミュニケーションズは3月30日、同社が提供する無線LANサービス「ホットスポット」の海外ローミング提供エリアに、70カ所以上を追加したと発表した。米Boingo Wireless社が提供するエリアで利用できるようにしたもので、北米および英国の主要空港やフェリーターミナルなどが含まれる。

ホットスポットのユーザーは、国内と同じIDおよびパスワードで無線LANサービスを受けられる。提供開始は日本時間の4月1日15時である。利用にかかる料金は1分当たり25円(免税)。事前申し込みや初期費用などは不要。

サービスを提供する主な空港は、米国のJFK、ラガーディア、ニューアーク、ダレス、レーガン・ナショナル、ボルチモア・ワシントンなど。カナダではトロント、オタワなど、英国ではロンドン・ヒースロー、ロンドン・ガトウィックなど、スイスのチューリッヒである。

【報道発表資料】
ホットスポット「海外ローミング」の提供エリアを拡大

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら