WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ノキアが組織改編を発表 - スマートフォン部門を新設

2010.05.13

Updated by WirelessWire News編集部 on May 13, 2010, 17:30 pm UTC

Nokia
201005131730-1.jpg

フィンランドのノキア(Nokia)が現地時間5月11日に組織改編計画を発表。新組織ではモバイルソリューション、携帯電話、マーケティングという3部門体制で、とくにスマートフォン分野でのキャッチアップに注力していく模様だ。

新部門のうち、モバイル・ソリューション・グループは、ハイエンド・モバイルコンピュータならびにスマートフォンに注力することになる。シンビアンOS(Symbian OS)とLinuxベースのモバイルOS「Meego」も同部門の管轄となる。またモバイルコンピュータ及びスマートフォン向けの統合サービスである「Ovi」の開発も同部門が継承する。

いっぽう、携帯電話部門は、上記以外の従来型携帯電話を担当し「Series 40」やローエンドの端末を中心に取り扱うことになる。さらに、マーケット部門は営業及びマーケティング機能を担う。なお新組織は7月1付で発足する。

ノキアでは、2010年第一四半期の利益が4.65億ドルとなり、前年の1.69億ドルから大きな伸びを記録した。この主要因はコスト削減とスマートフォンの売上増加(第一四半期のスマートフォン出荷台数は前年比57%増の2150万台)だったが、利益はアナリストの事前予想を下回り、株価は約14%ほど下落していた。

ノキアは携帯電話市場全体では、いまだにシェア首位を維持しているものの、近年ユーザーが増えているスマートフォン市場に限れば、RIMのBlackBerryやアップルのiPhone、さらにはグーグルのAndroid OSを採用する各社の端末に押され気味で、これまでのところ確かな打開策を見いだせていない。今回の組織改編もこうした流れを変え、スマートフォン分野で攻勢に出るためのものとみられるが、株式市場の反応は薄いようだ。

なお、ノキアでは今年第三四半期に「N8」という新バージョンのシンビアンOSを搭載したスマートフォンを投入する予定。

【参照情報】
Nokia simplifies its organizational structure to accelerate execution and innovation(プレスリリース)
Nokia Names New Smartphone Chief to Fend Off Apple (Bloomberg Businessweek)
Nokia restructures, shakes up management (FierceMobileContent)
Nokia Announces New Simplified Company Structure (Digital Media Wire)
ノキアCEO:「今年は複数のスマートフォンを投入」 - ハイエンド機とモバイル端末に注力

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら