WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ベライゾン・ワイヤレス、自社保有LTE周波数帯を地域キャリアと共同利用へ

2010.05.14

Updated by WirelessWire News編集部 on May 14, 2010, 15:11 pm JST

米ベライゾン・ワイヤレス(Verizon Wireless:以下、ベライゾン)は、オークションで落札して保有しているLTE用の700MHzを、米国内の複数の地方のキャリアと共有することで、LTEの展開スピードを上げようとしていると、ロイターなどが伝えている。

ベライゾンは、LTEの商用サービス提供を2010年第4四半期に全米25から30ヶ所で開始し、人口1億人程度をカバーする計画を打ち出しているが、このための周波数帯として2008年にFCC(連邦通信委員会)のオークションで100億ドル近い額で獲得した700MHz帯をあてる予定だ。

今回の地域キャリアへの提案は、ベライゾンがこの周波数帯を安くライセンス提供し、地域キャリアが地元でLTEサービスをエンドユーザに提供するというもので、必要な設備は地域キャリアまたはベライゾンが構築する。ベライゾンとしては、これによって利益を上げることが主たる目的ではなく、あくまでも自社単独でやるよりも素早くカバー範囲を拡大するため。カバー範囲が拡大できれば、地域キャリアの加入者も、別の都市に移動してもベライゾンのサービスをシームレスに受けることができることになる。

ベライゾン・コミュニケーションズ(Verizon Communications)と英ボーダフォン(Vodafone)の合弁会社(資本比率は55:45)であるベライゾン・ワイヤレスは現在加入者数で米国No.1の携帯電話会社。親会社のベライゾン・コミュニケーションズは固定系ブロードバンドのDSLや、旧来の電話サービスに関して地方の市場を軽視し、それらを切り捨てようとしてきたが、LTEというモバイル・ブロードバンドの領域では、地域キャリアと提携することにより、地方でのプレゼンスを取り戻すことができる。なお、地域キャリアとの契約はこれから締結されることになる。

規制当局であるFCCのジュリウス・ゲナコウスキィ(Julius Genachowski)委員長は、ベライゾンのこの動きを歓迎しているようだ。提携に関して何らかのガイドラインがないと、オークションで周波数だけ獲得する電波ブローカーを許すことになりかねないが、今回のベライゾン・ワイヤレスの取り組みは、あくまでもエリア拡大のスピードアップであり、同委員長は「心強いことだ」と述べている。

【参照情報】
Verizon Aims LTE At Rural Markets (Broadband Reports)
Verizon eyes rural carrier deals to help expand LTE (Reuters)
Verizon considers licensing LTE spectrum to rural carriers (FierceWireless)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら