WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

キーワードは「Android au」、KDDIとシャープが1台持ちを目指した「IS03」

2010.10.04

Updated by WirelessWire News編集部 on October 4, 2010, 14:30 pm JST

▼「Android au」をキーワードに、スマートフォン分野での遅れを取り戻すことを宣言
201010041430-1.jpg

「待ちに待ったIS03を発表したい」。発表会の冒頭で、KDDI代表取締役執行役員専務の田中孝司氏は、こう高らかに宣言した。KDDIとシャープが2010年10月4日に共同で開催した新型のスマートフォンの発表会のひとコマだ。新製品の「IS03」を2010年11月下旬以降に発売することを発表した。KDDIのスマートフォン戦略のキーワードとして、「Android au」を掲げ、Androidで新しい世界を切り開く心意気を示した。

IS03は、3.5インチのダブルVGA(960×480ドット)の大画面液晶を搭載したスマートフォン。形状は米アップルのiPhoneなどとよく似たフォルムで、スマートフォンの王道を行くデザインだと言える。OSはAndroid 2.1で、マルチタッチ、ライブ壁紙に対応するほか、Flash Lite 4.0の採用で、Flash対応のWebページも閲覧できるという。ディスプレイには、ダブルVGA液晶の下部にメモリー液晶を搭載する。利用時には「ホーム」や「バック」などのアイコンを表示するほか、待ち受け時には一般の携帯電話のサブ液晶のように時間や不在履歴などを低消費電力で常時表示する。また、カメラには960万画素のCCDカメラを搭載、HDサイズ(1280×720ドット)の動画撮影にも対応する。

▼おサイフケータイやワンセグのアイコンも見えるIS03の画面
201010041430-2.jpg

===

「Android au」で本気度を示す

▼Androidの躍進状況を説明するKDDIの田中専務
201010041430-3.jpg

KDDIの田中専務は、スマートフォンの情勢について、「アメリカではすでにAndroidがiPhoneのiOSを抜いた。ワールドワイドでも2010年にはAndroidがSymbianのフィーチャーフォンに次いで2位の座を占める。これからのauのスマートフォン戦略は「Android au」で、これまで遅れていたと言われるスマートフォン分野で反転攻勢をかけたい」と言う。その第一弾が「IS03」というわけだ。

そこでのこだわりは、今までは「ケータイの機能を備えたスマートフォンがなかった。2台持ちが現在の共通の認識。しかしKDDIとシャープが目指したのは1台持ちで済むスマートフォン」(田中専務)。1台持ちできるいくつかのポイントとして田中専務は、筆頭におサイフケータイを挙げた。「これがないばかりに2台持ちしなければならない人も多いはず。個人的にはおサイフケータイは外せない」。スマートフォン初のおサイフケータイ対応に自信をのぞかせた。さらに、フィーチャーフォンの標準的な機能となっているワンセグや赤外線通信機能に加え、EZwebのメールアドレスが使えるメール機能やデコレーションメール、Cメールの対応なども列挙した。

サービスでも、auユーザーからの継続性を意識している。「au oneナビウォーク」は、新しいユーザーインタフェースでIS03に搭載。LISMO!によりスマートフォン分野でも音楽サービスに力を入れていくことを宣言した。

===

モバイルのモノづくりの粋を集めた

▼「IS03」を手にするKDDIの田中専務(左)とシャープの大畠執行役員
201010041430-4.jpg

発表会の壇上では、シャープの執行役員 情報通信事業統括兼通信システム事業本部長本部長の大畠昌巳氏が、今回の共同発表会の意義を語った。「Android auをキーワードとしたKDDIのスマートフォンの戦略のパートナーに選ばれた。IS03は画期的な端末だ」という。シャープは、液晶付き電卓に始まり、ザウルスやカラー液晶搭載のケータイ、カメラ付きケータイやなどでモバイルツールのモノづくりを続けてきた。こうした中で、モバイル市場はオープン化の流れが出てきていることからAndroid OSに着目し、第一弾としてIS01を商品化した。さらにスマートフォンの市場が拡大していく中で、日本の携帯電話ユーザーを研究し、日本のユーザーのニーズに合ったスマートフォンとしてIS03を開発したと説明する。

シャープのモバイル機器に対するモノづくりの粋を集めたとまでいうIS03。例えば、液晶は、高精細液晶と常時表示できるメモリー液晶のダブル液晶を搭載し、動きの早いFlash画像や動画の迫力ある再生が可能になるほか、アイコンや時計などを常時表示できる点は「かなり革新的」(大畠執行役員)と言う。また、カメラケータイの元祖として、自社開発のカメラモジュールを搭載するこだわりをなどにより、カメラの画質に自信を持っていると説明した。カメラのシャッターは、画面にタッチだけではなく、シャッターボタンを用意した点もこだわりのポイントだという。

===

隠し玉はこれから?

▼Webブラウザを横表示にしたところ。マルチタッチ対応で、2本指によるズームインやズームアウトもなめらか
201010041430-5.jpg

ハードウエアの基本部分は今回の発表で大筋が見えた。10月5日〜9日に開催される展示会「CEATEC JAPAN 2010」では両社のブースでタッチアンドトライのコーナーを用意するという。ただし、まだ明らかにしていない部分も多い。

例えばKDDIは、10月18日、さらに複数のスマートフォンと秋冬のフィーチャーフォンの新商品を発表するという。この場で「禁断のアプリケーション」(田中専務)も発表するというのだ。また、Androidのバージョンが2.1であることについては、「時期についてはまだ発表するなと言われているが、2.2にアップグレードする方向で考えている」(田中専務)。さらに、端末の発売に合わせた11月下旬までには新しい料金プランなどの発表も匂わせた。

【報道発表資料】
auのAndroid搭載スマートフォン「IS03」の発売について 〜おサイフケータイRやワンセグ対応のメインで使えるスマートフォン〜

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら