WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ノキア・シーメンス、オールインワン型の基地局でコスト削減をアピール

2011.02.15

Updated by WirelessWire News編集部 on February 15, 2011, 06:20 am JST

MWC 2011のノキア・シーメンス ネットワークのブースでは、オールインワン型の基地局を複数展示している。複数の通信方式をサポートできるコンパクトな基地局の導入で、通信事業者のコスト削減が可能なことをアピールする展示だ。

特徴的なのは、GSM、3G、LTE、LTE-Advancedの4方式に同時に対応できる小型基地局。通信事業者にとって、それぞれの方式で複数の場所に基地局を設置するとなると、設置場所の確保から工事、運用・保守にいたるまで大きなコスト負担になる。これを小型基地局に集約することで、導入時の工事コストの削減だけでなく、基地局設置場所の有効活用などが進み、トータルコストを下げられると説明する。

▼右が4方式対応の小型基地局、左は2方式でさらに小型化を進めた基地局mwc0214_nsn001.jpg

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら