WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

シマンテック、Android用セキュリティアプリを3月18日から店頭販売

2011.03.07

Updated by WirelessWire News編集部 on March 7, 2011, 10:30 am UTC

シマンテックは2011年3月3日、Android端末用のセキュリティ対策アプリ「ノートン モバイル セキュリティ」を日本市場で発売すると発表した。発売は3月18日で、店頭販売版セキュリティアプリとして、全国の家電量販店などを通じて販売する。価格はオープンで、想定実売価格は1年版が2980円。

ノートン モバイル セキュリティは、広がりつつあるAndroidを狙うマルウエアなどへの対策はもちろん、端末の盗難や紛失対策の機能も兼ね備えていることが大きな特徴である。盗難・紛失対策としては、(1)Android端末を遠隔地から無効にできる「リモートロック」、(2)GPS機能を使って見失ったAndroid端末を探す「リモート検索」、(3)Android端末の全データやIDを遠隔地から消去できる「リモートワイプ」、(4)SIMカードが抜き去られると端末にロックがかかり他のSIMで利用できなくなる「SIMカードロック」--がある。

このほか、悪意あるアプリから端末を守るマルウエア対策、ダウンロードするアプリや更新ファイルを自動的にスキャンするダウンロードの脅威からの保護、特定の電話番号から着信できなくする着信遮断やSMS送信者を選択できるSMS遮断などの機能を備える。シミュレーション機能も備えており、端末を紛失したりした時の対応を事前に練習することができる点も利便性が高い。

対応するAndroid OSのバージョンは、2.0、2.1、2.2。通信事業者はNTTドコモとソフトバンクモバイルとなる。

製品画像
201103071030-1.jpg

【報道発表資料】
ノートン、初のアンドロイド OS スマートフォン対象セキュリティアプリ

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら