WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

アルジェリアで待望の3Gオークションはじまる

2011.08.25

Updated by WirelessWire News編集部 on August 25, 2011, 15:00 pm UTC

201108251500-1.jpg

(cc) Image by Damien Boilley

北アフリカのアルジェリアで今年9月中旬、3G周波数オークションの情報が公開され、2012年前半にも割当が行われる運びとなるようだ。同国電気通信相Moussa Benhamadi氏が明らかにした。

既存のモバイル・オペレータ3社が応札するものと見られているが、1社程度の新規参入があるという見方もある。3社とは、Nedjmaブランドで展開するエジプトのオラスコム系のオラスコム・テレコム・アルジェリア(Orascom Telecom Algeria)、国営アルジェリ・テレコム(AT(Algerie Telecom))と、ワタニヤ・テレコム・アルジェリア(Wataniya Telecom Algeria)。まず、ワタニヤが周波数への関心を表明した。ライセンス料は1社当たり、30億アルジェリアディナール(約32億円弱)となる見込み。

同国では2008年にも3G周波数オークションの計画があったが延期され、一時は3Gを飛ばしてLTEから始めるのではないかとの観測もあったようだが、まずは3Gからということになったようだ。近隣のモロッコやチュニジアではすでに3Gが始まっている。

天然ガスや石油を算出するアルジェリアは砂漠が多く、人口の多くは北の地中海側に暮らしている。固定網の普及が7%程度と低いのに対してモバイルは90%以上の普及率を示しているようだ。固定網では国営ATに対抗してエジプトのオラスコムとテレコム・エジプト(Telecom Egypt)のジョイントベンチャーであるLacomが2005年に新規参入したが、わずか3年で撤退している。規制環境が国営ATに極めて有利で競争にならないというのが理由だった模様。その直後にATの民営化も延期され、あわせて3Gオークションも延期されたという。

固定網を支配するATは、モバイル分野でもWiMAXサービスを提供している。アルジェリアはWiMAXに関してはアラブ諸国では最初に商用サービスが始まった国で、2005年からスマート・リンク(Smart Link Communication)社が3.5 GHz帯と5.8 GHz帯でWiMAXサービスを開始した。

【参照情報】
Algeria's 3G license goes up for tender
Long-awaited 3G tender document to be unveiled in September
Wataniya Telecom to bid for 3G license in Algeria
WiMAX takes off in Algeria despite stalling 3G auctions

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら