WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

スプリント、10月7日に「戦略発表イベント」の予告 - 発表内容をめぐって飛び交う憶測

2011.08.31

Updated by WirelessWire News編集部 on August 31, 2011, 10:25 am UTC

Sprint
201108311025-1.jpg

米携帯通信市場で第3位のスプリント・ネクステル(Sprint Nextel:以下、スプリント)が、10月7日にニューヨークで「ストラテジー・アップデート」と銘打ったイベントを開催することを明らかにしたが、これを受けてさまざまな可能性をめぐる噂が飛び交っている。

このイベントについては、現時点で経営陣によるプレゼンテーションとQ&Aセッションが行われることしか判っていないが、複数のブログがまず指摘しているのは、スプリントがこのイベントで今後の4Gネットワークについての戦略を明らかにするという可能性。CNETやAllThingsDでは、同社のダン・ヘッセ(Dan Hesse)CEOが先ごろ、同社の4Gネットワークに関する重要な発表を今年秋に行うと述べていた点をその理由に挙げている。ただし、具体的な内容については、CNETがスプリントによるクリアワイヤ(Clearwire)の買収に言及しているのに対し、AllThingsDではLTE-Adcanced規格の携帯通信網展開を挙げている。

スプリントは現在、クリアワイヤのWiMAX通信網を利用していわゆる4Gサービスを提供しているが、米国市場で競合する大手通信キャリア -- ベライゾン・ワイアレス(Verizon Wireless)、AT&T、T-モバイル(T-Mobile USA) -- AT&Tによる買収計画が審査中--は、いずれもLTE規格の採用を決めており、ベライゾンとAT&Tではすでにサービス展開も始まっている。また、クリアワイヤも先ごろ、将来的にはLTE-Adcanced規格のネットワーク展開を進めていく意向を明らかにしていた。さらに、スプリントは7月末に、全米をカバーするLTE網構築を狙うライトスクェアード(LightSquared)との提携も発表しており、10月時点での発表をきっかけに、本格的にLTEネットワークの展開に舵を切る可能性があるという。

いっぽう、Wall Street Journal(WSJ)では先週、関係者の話として、アップルがスプリントに対し今年秋に投入が予想されている新型iPhone「iPhone 5」ならびに現行モデルの「iPhone 4」を供給することになりそうだと報じたことに関連し、10月7日のイベントがiPhone 5に関するものとなるという向きもある。アップル関連の有力ブログ「AppleInsider」では、10月7日というタイミングがiPhone 5の発表日もしくは発売日に重なると予想。ただし、こちらの可能性に関しては、4Gネットワークに関するものより低いという見方が優勢だ。

米市場では、スマートフォンの人気機種を取り扱う大手2社--ベライゾンとAT&Tの加入者が増加するいっぽうで、下位の通信事業者では加入者の減少が目立ってきている。そうしたなかで、苦戦を強いられるスプリントの今後の出方に対し、関係者や一般加入者からの注目がさらに集まることになりそうだ。

【参照情報】
Sprint 'Strategy Update' on October 7th likely to detail 4G plans - This is my next
Sprint special October event could reveal 4G plans - CNET
Sprint's October Event: More LightSquared Than iPhone - AllThingsD
iPhone 5、米ではスプリントも取り扱いへ - 発売時期は10月半ばか(WSJ報道)
クリアワイヤ、LTE-Advanced対応のネットワーク展開へ - WiMAXからの移行コストは推定6億ドル
ライトスクェアード、スプリントとの提携を正式発表 - 15年契約、総額は135億ドルに

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら