WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

米のスマートフォン所有率、携帯電話ユーザーの40%に - Androidが40%(ニールセン調査)

2011.09.02

Updated by WirelessWire News編集部 on September 2, 2011, 11:41 am JST

米調査会社ニールセン(Nielsen)が7月に実施したアンケート調査によると、スマートフォンを所有していると回答した米国人の割合は携帯電話利用者全体の40%で、同様のアンケートを実施した5月から2%の上昇となったという。

ニールセンは2010年3月に、2011年末までにスマートフォン所有者が過半数を超えるとの予測を明らかにしていた。GigaOMでは今回の発表を踏まえ、「この成長ペースが続くようだと、過半数に届くのは2012年以降になるだろう」と指摘している。

OS別にみると、スマートフォン所有者の40%がAndroid搭載端末を所有していると回答し、iOSの28%を上回った。Blackberry OSは19%、Windows PhoneおよびWindows Mobileは計8%、Symbianは「その他」に含まれた。

201109021140.gif
[出典:Nielsen]

いっぽう、「来年スマートフォンを購入したい」と回答した人のうち、3分の1がAndroid搭載端末を、3分の1がiPhoneを購入したいと回答。また、「自分は新製品を最も早く導入する」と回答した「イノベーター層」(Innovators:全体の約10%)では、次に購入する端末として、40%がAndroid搭載端末、32%がiPhoneをそれぞれ選択。これに対し「レイト・アダプター層」(Late Adopters:全体の19%)では回答者の32%がAndroid、23%がiPhone、30%が「わからない」と答えているなど、全体として「スマートフォンの購入時期が遅い人ほど、OSの違いにはこだわらない傾向が読み取れる」とニールセンでは説明している。

201109021141.gif
[出典:Nielsen]

【参照情報】
40 Percent of U.S. Mobile Users Own Smartphones; 40 Percent are Android - Nielsen
Nielsen: Android takes 40% of U.S. smartphone market in July; iOS flat, RIM down a point - BGR
4 in 10 U.S. phones are now smartphones - GigaOM
米スマートフォン市場、OS別ではAndroidが、メーカー別ではアップルがそれぞれ首位に(ニールセン調査)
iPhoneの増加加速、Androidの伸びは頭打ち - 5月の米携帯電話市場(ニールセン調査)
スマートフォン比率、東京圏では携帯電話全体の6割を超える

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG