WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

「iPhone 5への期待感、iPhone 4の発売前を上回る」との予想 - 米アナリスト(編集担当メモ)

2011.09.14

Updated by WirelessWire News編集部 on September 14, 2011, 12:01 pm JST

「発売から1年以上が経過したiPhone 4だが、米市場ではまだまだ人気が衰えていない」という調査結果について昨日お伝えしたばかりだが、「それでも、やっぱりiPhone 5の発売が待ち遠しい」という消費者の気持ちの強さを示した調査結果とこれに言及した金融系アナリストのレポートが、昨夜から今朝にかけて複数のブログで採り上げられている。

FortuneのApple 2.0ブログによると、RBCキャピタル(RBC Capital)アナリストのマイク・エイブラムスキ(Mike Abramsky)氏は13日に、iPhoneとiPadの予想販売台数を引き上げるレポートを顧客向けに発表したという。同氏はこれまで、アップル第4四半期(7-9月期)のiPad販売台数を1050万台としていたが、今回これを1250万台に、また同2012年第1四半期(11年10-12月期)のiPhone販売台数についても、これまでの2440万台から2700万台にそれぞれ引き上げたという(なお、第4四半期のiPhone販売台数予想は従来通りの1950万台)。ちなみに、4-6月期のiPadの販売台数は約930万台、また同期のiPhone販売台数は2034万台(いずれも実績)だった。

この予想引き上げの根拠として同氏が言及しているのが、米チェンジウェイブ(ChangeWave)が8月に2200人の購入候補者を対象に実施した調査の結果で、それによると:

  • 回答者の31%が、iPhone 5の購入にたいへん/なんらかの("very/somewhat")興味を持っていると答えた(iPhone発売前はこの数字が25%だった)
  • iPhone 4発売から約15ヶ月が経過していることなどから、iPhone 5への買い換えにたいへんな/なんらかの興味を持っていると答えた回答者=iPhoneユーザーの全体の66%にのぼった。
  • スプリント・ネクステル(Sprint Nextel)とT-モバイル(T-Mobile USA)の加入者に対し、それぞれのキャリアからiPhoneが発売された場合にiPhoneに買い換えるかと質問したところ、前者では54%、後者では53%の回答者が買い換える可能性があると答えた。
  • さらに、学校の新年度開始を控えて、iPad 2に対する購入意欲も旺盛なことがわかった。2月時点の調査ではタブレット購入希望者のうち、iPadを買う予定があると答えていた割合は82%だったが、今回(8月)の調査ではこの割合が85%に増加していた。

ことなどがわかったという。

これらの結果を踏まえ、エイブラムスキ氏は「iPhone 5に対してはかつてないほど大きな需要がある」と記しているという。

201109141200.jpg
[iPhone 5(左)とiPhone 4、購入意欲をもつ人の割合比較 - 出典:Fortune]

201109141201.jpg
[メーカー/機種別、タブレット購入予定者の割合 - 出典:Fortune]

【参照情報】
Survey shows 'unprecedented' demand for Apple's iPhone 5 - Fortune
iPhone 4 demand remains strong while anticipation for iPhone 5 grows - Ars Technica
Apple's iPhone 5 even more highly anticipated than iPhone 4 - BGR
66% of iPhone users want an iPhone 5, 85% of tablet buyers want iPads - TNW
「iPhone 5登場の噂」もなんのその - iPhone 4、米市場で根強い人気

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG