WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

サムスン、蘭で「修正版」Galaxyスマートフォンを投入へ - アップルの特許侵害を回避

2011.10.13

Updated by WirelessWire News編集部 on October 13, 2011, 12:14 pm UTC

サムスン(Samsung)のGalaxyシリーズのスマートフォンがアップル(Apple)の所有する特許権を侵害するとして、オランダの裁判所から販売差し止め命令が下されていた問題で、サムスンは12日、特許権の侵害を回避するよう変更を加えた端末を、近日中にリリースすると発表した。

蘭ハーグの裁判所は8月に、Galaxyシリーズのスマートフォン「S」「S II」「Ace」の3種類で採用されている写真のスクローリング/ブラウジング機能が、アップルの所有する1種類の特許権の侵害にあたるとし、オランダにおけるこれらの端末の販売差し止めを命じる仮処分を下していた。

しかし、この判定では、デザインの模倣など、その他の特許権に関するアップルの主張が退けられたほか、仮処分が発行する10月14日までにサムスンがGalaxyスマートフォンの画像ギャラリー・ソフトウェアに必要な変更を加えれば、端末の販売が認められることになっていた。

サムスン、アップル両社は現在、あわせて10か国で同様の訴訟を抱えている。アップル側は各国の裁判所でGalaxyシリーズの販売差し止めを求めており、ドイツでは「Galaxy Tab 10.1」が一時的に販売停止になり、オーストラリアでも同端末の発売延期が度重なるなど、サムスンの製品販売戦略に大きな影響が出ていた。なお、オーストラリアでの同端末の販売可否を決める判決は、現地時間13日に下される予定。

これに対しサムスンも、フランスやイタリアで「iPhone 4S」の販売差し止めを求めるなど、複数の国でアップルを相手取った訴えを起こしている。こうした動きに関し、フィッチ・レーティングス(Fitch Ratings)のアナリスト、アルビン・リン(Alvin Lim)氏は、両社が訴訟合戦の激化による製品販売面への影響を懸念し、「双方向のライセンス契約」を交わすことになると予想しているという。

【参照情報】
Samsung Aims to Dodge Sales Ban in Netherlands - WSJ
Samsung says upgrades smartphones to avoid Dutch sales ban - Reuters
Samsung Avoids Dutch Sales Ban By Upgrading Galaxy Phones - Forbes
アップルが和解案を拒否、サムスンは製品投入断念の可能性も - 豪での特許訴訟
サムスン「Galaxy S II」など3機種、オランダで販売仮差し止めの判定 - 内容に分かれる評価

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG