WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

アップル、クラウドベースの映画配信サービスを準備(LATimes報道)

2011.10.13

Updated by WirelessWire News編集部 on October 13, 2011, 11:37 am JST

アップルが、iTunesとiCloudを利用した映画配信サービスの投入に向け、米大手映画会社と交渉を進めていると、Los Angeles Timesが米国時間12日に報じた。

iTunes Storeでは以前から、映画やテレビ番組といった動画コンテンツの購入・レンタルが可能になっている。それに対し、計画中とされる新サービスでは、一度iTunesで購入した作品は、iPhoneやiPad、Mac、Apple TVのいずれからでもiCloud経由で視聴できるようになるという。同社では音楽(楽曲データ)についてはすでに同様のサービスを提供している。

DVDやBlu-rayといったディスクの売上低迷に苦慮する映画会社各社は、Digital Entertainment Content Ecosystem (DECE)というグループを設立し、「ウルトラバイオレット」(UltraViolet:以下、UV)という技術の普及を進めている。同グループのウェブサイトには、このUV技術について、「ユーザーが、好きな時に好きな方法で、簡単に映画やテレビ番組を見られるようにする、オンラインののデジタルライブラリー」という説明がある。またその特徴として、「さまざまな種類の端末」、最大で6人の家族が同じアカウントを利用できる「複数メンバー用アカウント」(Multiple Account Members)のほか、ストリーミング、ダウンロード、ディスクのいずれの形でも、対応するタイトルが視聴できるとされている。

このグループには、いまのところディズニー(Disney)ならびにアップルは参加していないが、LATimesの今回の報道では、アップルがこのUV規格に対応するタイトルをiPadやiPhoneで鑑られるようにすることも検討しており、そのためのアプリを提供する可能性にも触れている。

米市場ではネットフリックス(Netflix)をはじめとするストリーミング形式のオンライン動画配信サービスが人気を博し、アマゾン(Amazon)などもこの分野に力を入れている。LATimesでは、クラウドベースの動画ストリーミング配信であれば、ユーザーが自分でモバイル端末へタイトルを移動する必要がなくなることなどから、これまで以上の売上が期待できるようになると記している。

なお、UVに対応する最初のタイトルはワーナーブラザース(Warner Bros)2作品--「Horrible Bosses」「Green Lantern」で、ほかにソニーピクチャーズ(Sony Pictures)の「The Smurfs」やユニバーサル・ピクチャーズ(Universal Pictures)の「Cowboys and Aliens」といった作品も、DVDやBlu-rayディスクを購入したユーザーがネット経由で視聴できるようにする予定があるという。

【参照情報】
Apple prepping movie cloud service - LA Times
Apple, Hollywood in Talks to Allow Movies on iPhones, iPads - WSJ
UltraViolet - DECE
アップル、「iOS 5」をリリース -- 「iCloud」も利用可能に
アップル、iTunesでのテレビ番組レンタルを終了 - 定額制サービスの噂も新たに
アップルWWDC開幕 - 「iCloud」や「iOS 5」などが発表に

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG