WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

クルマ社会アメリカの健康ナビゲーションシステム

2011.10.26

Updated by WirelessWire News編集部 on October 26, 2011, 13:00 pm JST

フォード(Ford)がマイクロソフト(Microsoft)と進めている車載システムSYNCは、カーナビや音楽プレイヤーなどエンターテインメント系のみならず、ヘルスケア領域にも応用範囲を拡げる計画が明らかにされた。

Ford SYNC
201110261300-1.jpg

10月10日から13日(現地時間)にかけて米カリフォルニア州サンディエゴで開催されたワイヤレス・ヘルス2011(Wireless health 2011)のパネルディスカッションでフォードが披露したのは、血糖値モニタリング、アレルギー通知、WellDocなどのソリューション。まだ研究開発フェーズとのことだが、通勤に自動車を使うアメリカでは国民が1週間に5億時間も運転しているということで、フォードとしてはその時間を単なる娯楽だけでなく、医療、教育などへの運転時間の活用ができないかという観点で研究しているそうだ。

血糖値モニタリングが必要な糖尿病患者がフォードの車に乗り込むと、SYNCの音声合成システムが女性の声で「どのサービスを起動しますか?」と質問してくる。「血糖値」と答えると、朝食時に自宅で測定した結果をクラウドから読み出して、「今朝6時32分現在の血糖値は1cc当たり81ミリグラムと低すぎます。安全運転のため...」という具合に、音声によるやりとりで、運転前に朝食を摂るように奨める。あるいは、キャンディーやジュースで糖分を補給するよう促してくれる。SYNCが使っているのは、WellDoc社(メリーランド州)のクラウド型健康情報システム。ワイヤレス・ヘルス・システムはBluetooth利用で、開発はMedtronic社(ミネソタ州)と共同で行った。

GPSの活用も検討中で、位置情報をベースにアレルギー、喘息、花粉症などさまざまな感覚過敏について、運転者に情報とアドバイスを提供するサービスを考えているとのこと。SYNCをさまざまなモバイル・ヘルス機器とクラウドを介して連携させることで、こうしたサービスを具現化していく計画のようだ。

【参照情報】
Ford Developing Wireless Health Apps for Motorists on the Go
Diabetic? Cloud-Connected Ford Could Someday Save Your Life
Ford to demonstrate new in-car health tech
Latest Health and Wellness In-Car Technology from Ford to be Showcased Oct. 10-13 in San Diego
フォードが作った会話するクルマの世界

ミシガン州でフォードが行ったデモでは、クルマ同士が無線で会話したという記事はこちら

見通しの悪い交差点で相手に存在を知らせ、トラックなどを追い抜こうとして車線変更を試みると対向車の存在を運転者に警告する。

フォードが作った会話するクルマの世界

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら