WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

2011年のスマホ出荷は前年比3.6倍の急増で2010万台、比率も53%に--IDC Japan調べ

2012.03.26

Updated by Naohisa Iwamoto on March 26, 2012, 19:25 pm UTC

IDC Japanは2012年3月26日、2011年第4四半期(10月~12月)と2011年通年の国内モバイルデバイス市場の実績などの調査結果を発表した。これによると、2011年第4四半期のスマートフォン出荷は前年同期比184.4%増の689万台に達し、2011年通年では前年比約3.6倍の2010万台となった。

IDC Japanでは、第4四半期にソフトバンクモバイルに加えてKDDIからもiPhone 4Sが同時発売され、国内のユーザーから圧倒的な支持を得たことで出荷台数が急増したと分析。一方でAndroid OSを採用するスマートフォンも第4四半期には400万台を超える出荷を記録し、順調に拡大基調が続いているという。2011年通年のスマートフォン出荷は2010万台で、全携帯端末出荷台数に占めるスマートフォン比率は53.0%に上った。2012年以降もスマートフォン出荷台数はプラス成長を見込んでおり、2012年は3113万台、2016年には3699万台に達すると予測する。

メディアタブレットの出荷台数は、アップルのiPad 2が牽引役となり第4四半期には前年同期比264.6%の成長を遂げた。四半期でも初めて100万台を超える出荷を記録した。OS別ではiOSが過半数を維持している。2011年通年では前年比173.9%の225万台の出荷実績となった。2012年には333万台、2016年には579万台に達すると見ている。

【報道発表資料】
国内スマートフォン、メディアタブレット市場予測を発表

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。