WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

「携帯端末の割引はみせかけ」- 韓国当局、サムスンやLG、通信キャリア各社に罰金

2012.03.16

Updated by WirelessWire News編集部 on March 16, 2012, 09:21 am JST

201203160921-1.jpg

(cc) Image by Rob Stinnett

韓国政府の規制当局は現地時間15日、携帯通信端末の割引表示に不当な点があるとして、サムスン(Samsung)をはじめとする携帯電話メーカーおよび通信事業者に罰金の支払いを命じた。

韓国の公正取引委員会(Fair Trade Commission:FTC)は、通信事業者は携帯電話の割引をうたって消費者の購入を促しているが、実際は携帯電話メーカー各社が共謀してあらかじめ高い端末価格を設定した上で、割引しているように見せかけているに過ぎないと述べている。

韓国FTCから罰金の支払いを命じられたのは、サムスン、LG、パンテック(Pantech)の携帯端末メーカー3社、ならびにSKテレコム(SK Telecom)、KT、LGユー・プラス(LG Uplus Corp)の通信事業者3社で、金額はあわせて453億ウォン(4010万ドル)。このうち、通信事業者最大手のSKテレコムに対する罰金が202億ウォンと最も高く、続いてサムスンが142億ウォン、通信事業者第2位のKTが51億ウォンとなっている。

さらにFTCは、各社が複雑な料金体系から利益を得ているとして、料金に関する情報を開示するよう各社に命じたほか、新たな割引を禁じているという。

この問題を採り上げたElectronistaでは、問題の背後には、サムスンやLGといった携帯電話メーカーの巨大化があると指摘している。

【参照情報】
Korea's FTC slaps a $40 million fine on Samsung, LG and operators over mobile price fixing - The Next Web
LG, Pantech, Samsung, Korean carriers fined for price fixing - Electronista
Mobile phone makers, carriers fined for price rigging - Yonhap News

サムスンの携帯通信端末の2011年出荷台数が11月末時点で3億台を突破したという記事はこちら

年間出荷台数3億台という数字は、サムスンが1988年に携帯電話機市場に参入して以来初の快挙。同社の昨年の年間出荷台数は約2億8000万台だった。

サムスン、今年の携帯端末出荷台数が3億台を突破

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら