WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

新型iPadはiPad2よりも熱くなる - Consumer Reportsが検証レポート

2012.03.21

Updated by WirelessWire News編集部 on March 21, 2012, 08:50 am JST

先週末に発売されたアップル(Apple)の「新しいiPad」(第3世代)について、1世代前の「iPad2」よりも熱くなるという指摘が一部のユーザーから上がっている件について、米Consmer Reportsが調査を実施したところ、最高で華氏116度(摂氏46.6度)程度まで上昇する例が確認されたという。

201203210850.jpg
[ConsumerReports.org]

Consumer Reportsの調査では、新型iPadとiPad2でそれぞれグラフィック処理の負荷が高いゲームを45分プレイした後、温度を測定。テストは充電プラグを接続したケースと、外したケースの2つの条件で行われ、また新型iPadの4G(LTE)ネットワークは切られた状態で行ったという。

この結果、新型iPad(充電プラグ接続状態)は最高で華氏116度(摂氏46.6度)まで上昇、それに対し同条件のiPad2は37.8度であったという。

いっぽう、オランダのテクノロジーサイト「Tweaker.net」も同様の調査を行っている。GLBenchmarkというベンチマークサイトを利用したこの調査では、新型iPadは33.6度、iPad2は28.3度と5.3度の差が出たという結果が出ている。

GigaOMでは、この違いについてグラフィックプロセッサの差やLTEチップ、ディスプレイの違いなどが要因ではないかと予想している。

アップルではこの件に関し、動作温度の範囲内であるとしており、問題があればアップルケアに連絡するよう促しているという。

ちなみにConsumer Reportsの調査担当者は「最高温度のときは持っているととても温かいと感じたが、しばらく持っている分には特に不快を感じるほどではなかった」と記している。

【参照情報】
Our test finds new iPad hits 116 degrees while running games - ConsumerReports.org
MyiPadIsWarmToTheTouchGate: Consumer Reports Sounds Off on Hot iPad Issue - AllThingsD
Why the new iPad is so hot (literally) - GigaOM
Apple's Chilly Response to iPad Heat Complaints - AllThingsD

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら