WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

iPadの「バッテリー誤表示」について、アップル関係者が回答

2012.03.28

Updated by WirelessWire News編集部 on March 28, 2012, 11:02 am JST

「新しいiPad」は100%まで充電した後、さら充電し続けても問題ない設計になっていると、アップル(Apple)が米国時間27日に説明した。

先週金曜日(米国時間23日)に、ディスプレイ(DisplayMate)という米調査分析会社が「新しいiPadの充電状態を示す表示がおかしく、インジケーターでは100%となっていても、実際には9割程度しか充電されていない疑いがある」とするレポートを発表したが、アップルの回答はこれを受けたもの。

同社のマイケル・チャオ(Michael Tchao)氏がAllThingsDに語ったところによると、現在はどのiOS端末も「ユーザーが好きなだけ充電できるような設計になっている」という。

AllThingsDに載った充電の仕組みの説明によると、iOS端末ではまず完全に充電される直前に画面に「100%」と表示される。その後、100%に達するまで充電し、完全に充電されると少し放電する。そしてまた100%まで充電する。このような動作を充電プラグが抜かれるまで繰り返す仕組みになっているという。

また、同ブログでは市場調査会社ヤンキーグループ(Yankee Group)のアナリスト、カール・ハウ(Carl Howe)氏の話として、「最近の製品ではバッテリの管理をマイクロプロセッサを使って行うようになっており、100%という表示もプロセッサが判断して出したものと思われる。ユーザーは製品を利用する上で、こうした仕組みを理解しなくても問題ないが、古い世代のバッテリー技術とは状況が違っていることは知っておいたほうがいい」と記している。

【参照情報】
Apple: iPad Battery Nothing to Get Charged Up About - AllThingsD
Is Your New iPad Fibbing About Whether It Is Fully Charged? - AllThingsD
Apple: iPad charging fine, keep it plugged in - CNET
Researcher says new iPad's charging math is 'wrong' - CNET

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG