WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ノキアの元社員ら、MeeGoベースのスマートフォン開発へ

2012.07.09

Updated by WirelessWire News編集部 on July 9, 2012, 09:49 am UTC

ノキア(Nokia)の元社員らが、同社の経営方針転換にともなって開発中止になったオープンソースOS「MeeGo」を搭載するスマートフォンを商品化すべく新たな会社を設立したという。

「Jolla」という名前の新会社には、ノキアの「MeeGo N9」部門出身者が参加。中心メンバーでCOOに就任するマーク・ディロン(Marc Dillon)氏は11年間ノキアに勤め、2006年から今年5月に退職するまでMeeGoプロジェクトの主任エンジニア(Principal Engineer)を務めていた人物だという。

MeeGoはもともとインテル(Intel)の開発していた「Moblin」と、ノキア(Nokia)が手がけていた「Mameo」という2つのモバイル向けLinuxを統合したもの。母体となったMoblin同様、MeeGoのコミュニティであるMeeGo.comも、Linux推進団体であるThe Linux Foundationが運営していた。

しかし2011年2月に、ノキアがマイクロソフト(Microsoft)の「Windows Phone」OS採用を打ち出したのを機に、同プロジェクトは実質停止状態となり、同OSを搭載した端末で世に出たのは結局プロトタイプ「N9」だけとなっていた。

【参照情報】
Ex-Nokia staff to build MeeGo-based smartphones -
Ex-Nokia guys start mystery company to build Linux-based phones - VentureBeat
Ex-Nokia employees to launch Meego smartphone - CNET
ノキア、MeeGoベースの新端末「N9」を発表 - Symbian OSのサポート継続、新機種投入計画も
ノキアの手を離れた「MeeGo」、LGやZTEなどが関心
スペインのテレフォニカ、MeeGo支持を表明 - アプリ開発者の争奪戦が続きそう

モバイル端末向けLinux OS「MeeGo」の自社製品への導入に、韓国のLGなど複数の企業が関心を寄せているというという記事はこちら

MeeGo開発のプロジェクトメンバーであるヴァッテリ・ハッラ氏は開発者向け会議のなかで、同OSを採用携帯端末の開発を進めるワーキンググループに韓国のLGや中国のGTE、チャイナモバイルなどが参加したと語った。

ノキアの手を離れた「MeeGo」、LGやZTEなどが関心

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら