WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

携帯事業者各社とNTT東西など、災害用伝言板に「全社一括検索」機能を提供

2012.08.29

Updated by Naohisa Iwamoto on August 29, 2012, 20:10 pm JST

NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスの携帯電話事業者各社とPHS事業者のウィルコム、NTT東日本・西日本の各社は2012年8月29日、災害時の安否確認に提供している災害用伝言板に「全社一括検索」の機能を追加して提供すると発表した。2012年8月30日から提供する。

これまで、携帯電話・PHS事業者は「携帯・PHS災害用伝言板サービス」を、NTT東西は「災害用ブロードバンド伝言板(web171)」を、それぞれ提供していた。携帯・PHS災害用伝言板サービスの中では、事業者をまたがって安否情報を検索することができたが、NTT東西の災害用ブロードバンド伝言板との一括検索はできず、別途検索する必要があった。8月30日からは、NTT東西が新しく提供する「災害用伝言板(web171)」に登録された安否情報と、既存の携帯・PHS災害用伝言板サービスの安否情報を、一度の操作で検索できるようになる。

通信事業者各社は、災害用伝言板の体験サービスを、毎月1日と15日、防災週間(8月30日~9月5日)、防災とボランティア週間(1月15日から1月21日)に提供している。災害時に備えて、操作法などを確認しておくといいだろう。

【報道発表資料】
携帯・PHS災害用伝言板サービスおよびNTT東西災害用伝言板(web171)における「全社一括検索」の開始について(NTTドコモ)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。