WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ドコモ、最大5000台にコンテンツを一斉送信できる「フォトパネル一括管理」

2012.11.20

Updated by Naohisa Iwamoto on November 20, 2012, 17:29 pm JST

NTTドコモは2012年11月20日、複数のデジタルフォトフレーム「フォトパネル」に一斉に画像や動画を送付できる「フォトパネル一括管理」機能を提供する。企業や地方自治体の情報発信などに活用できる。「お便りフォトサービス」のオプション機能として11月27日に提供を始める。

フォトパネル一括管理機能は、専用の「フォトパネル一括管理サイト」から、最大5000台のフォトパネルを遠隔で一括して管理できるもの。具体的には、遠隔設定機能と確認機能を提供する。遠隔設定機能には、コンテンツを最大5000台のフォトパネルに一斉送信する機能や、スライドショーの表示順序の変更機能、点灯・消灯時刻、明るさなどのフォトパネル本体の設定をする機能がある。さらにこれらについて、設定の予約が可能だ。確認機能としては、送信したコンテンツ、表示順序、操作の履歴などの確認ができる。料金は、「フォトパネル一括管理」の月額利用料が、「お便りフォトサービス」1契約当たり315円。対応端末は「フォトパネル02」以降の端末で、1回あたりの最大送信サイズは5MBとなっている。

主な利用法としては電子POPを想定している。リアルタイムで複数のフォトパネルに表示する情報を更新できるため、企業による新製品の案内やキヤンペーンの告知といった販売促進ツールの使い方に加えて、地方自治体による情報発信や防災対策ツールとしての活用にも期待を寄せる。

【報道発表資料】
「フォトパネル一括管理」機能の提供を開始

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。