WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

江東区とドコモがコミュニティサイクル実証実験を開始

2012.11.21

Updated by Asako Itagaki on November 21, 2012, 19:20 pm UTC

201211212000-1.jpg11月21日、東京都江東区は、「江東区臨海部コミュニティサイクル実証実験」を開始した。江東区の臨海エリア(豊洲・東雲・有明・青海・台場)に駐輪設備(以下、ステーション)を配置し、自転車の貸し出しを行う。サービス運営事業者はNTTドコモ。

臨海エリアにステーションを20か所、自転車300台(開始当初はステーション11か所、自転車150台)を配備する。利用者はステーションで自転車の貸出・返却を行う。自転車は借りたステーション以外にも返却可能。貸出と返却の際の「認証カード」としておサイフケータイ、交通系ICカード、専用ICカードを利用する。

料金プランは、月額会員(基本料金月額1000円で1回60分までの利用が無料・30分延長ごとに100円)、1回会員(1回60分まで100円、30分延長ごとに100円)、1日パス(500円で同日内であれば何度でも利用できる)の3種類。月額会員と1回会員はあらかじめパソコン・携帯電話等からクレジットカードの登録が必要。1日パスはSuica、PASMOで利用できる。なお、初回の利用は「登録機」を設置したステーションで「認証カード」の登録を行う必要がある(1日パス利用者は利用日の初回乗車時に登録)。

本サービスは江東区の「豊洲グリーン・エコアイランド構想」に基づく施策の一つ。同エリアの居住者・通勤者の地上の移動手段として、また観光客のエコな移動手段としての利用を想定している。事業期間は1年程度の予定。

【ウェブサイト】 
東京・江東区臨海部コミュニティサイクル(http://kcc.docomo-cycle.jp/)

【報道発表資料】
江東区とコミュニティサイクルサービスを開始 (NTTドコモ)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

板垣 朝子(いたがき・あさこ)

WirelessWire News編集委員。独立系SIerにてシステムコンサルティングに従事した後、1995年から情報通信分野を中心にフリーで執筆活動を行う。2010年4月から2017年9月までWirelessWire News編集長。「人と組織と社会の関係を創造的に破壊し、再構築する」ヒト・モノ・コトをつなぐために、自身のメディアOrgannova (https://organnova.jp)を立ち上げる。