WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

Xバンド衛星通信システム整備・運営事業をスカパーJSAT、NEC、NTT Comが受託

2013.01.15

Updated by Asako Itagaki on January 15, 2013, 21:10 pm JST

1月15日、防衛省は、「Xバンド衛星通信中継機能等の整備・運営事業に係る事業」について、スカパーJSAT、日本電気(以下NEC)、NTTコミュニケーションズ(以下NTT Com)の出資により設立された株式会社ディ-・エス・エヌ(以下ディー・エス・エヌ)との間で事業契約を締結したことを発表した。

この事業は、国の次期Xバンド通信衛星システムを整備・運営するPFI事業で、2機の通信衛星の製造・打ち上げ、および管制設備機材などの地上施設の整備および運用を実施する。

▼事業の実施体制(NTTコミュニケーションズ報道発表資料 参考資料より
201301152120.jpg

Xバンド通信は、衛星通信で利用されている他の帯域に比べ気象などの影響を受けにくいという特徴がある。防衛省・自衛隊は現在、主として作戦部隊の指揮統制を目的とした衛星通信における基幹通信として、スーパーバードB2号機、同C2号機及び同D号機の3機によるXバンド衛星通信システムを運用しているが、うち2015年度中にB2号機、D号機の2機の設計寿命到来が予定されており、後継衛星の整備が急務となっていた。

1号機は2015年12月に打ち上げ・2016年3月から運用開始、2号機は2017年1月に打ち上げ・2017年3月から運用開始の予定。事業終了(運用終了)は2031年3月を予定している。契約金額は122,074,026,613円(税込)。

【報道発表資料】
・「Xバンド衛星通信中継機能等の整備・運営事業」の民間事業者の選定について[PDF](防衛省)
・「Xバンド衛星通信中継機能等の整備・運営事業」の実施について(NTTコミュニケーションズ)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

板垣 朝子(いたがき・あさこ)

WirelessWire News編集委員。独立系SIerにてシステムコンサルティングに従事した後、1995年から情報通信分野を中心にフリーで執筆活動を行う。2010年4月から2017年9月までWirelessWire News編集長。「人と組織と社会の関係を創造的に破壊し、再構築する」ヒト・モノ・コトをつなぐために、自身のメディアOrgannova (https://organnova.jp)を立ち上げる。