WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

LINEのNHN Japan、「LINE」と「Hangame」に会社分割を検討

2013.02.06

Updated by Naohisa Iwamoto on February 6, 2013, 20:31 pm JST

NHN Japanは2013年2月6日、同社の会社分割と社名変更を検討していることを発表した。ゲーム事業とWebサービス事業で会社を分割し、ゲーム事業は「Hangame」、Webサービス事業は「LINE」(いずれも仮称)が担当する。

現NHN Japanは、2012年1月にNHN Japanとネイバージャパン、ライブドアが経営統合して以降、急速に事業規模を拡大してきた。世界規模でパソコンやフィーチャーフォンからスマートフォンへとデバイスのシフトが進む中、事業環境の変化にスピーディーに対応するために、今回の会社分割を検討しているという。

Webサービス事業は、会社分割後のNHN Japanが継承し、その後に「LINE株式会社」に商号変更する計画だ。「LINE」「NAVER」「livedoor」のWebサービス事業を継承し、「LINE」を基軸事業として国内外でサービスやプラットフォームの展開を加速化する。ゲーム事業は、会社分割によって新しく設立する「Hangame株式会社」が継承する。スマートフォンに対しては「LINE GAME」向けのアプリを制作・運営する。一方、パソコン向けにはオンラインゲーム事業を一層強化して、シェア拡大を目指す。また、海外事業の強化に向けて、LINEの子会社として韓国NHNと合弁で「LINE PLUS」を設立することも明らかにした。

会社分割後のLINE、Hangame両社の代表は、NHN Japan代表取締役社長の森川亮氏が引き続き務めるという。

【報道発表資料】
会社分割計画に関するお知らせ

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。