WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

富士通研、PC向け業務アプリをスマホで利用できるゲートウエイ技術を開発

2013.06.18

Updated by Naohisa Iwamoto on June 18, 2013, 14:40 pm JST

富士通研究所は、パソコン向けの業務アプリケーションの画面をそのままリモートのスマートフォンやタブレットで表示して業務が可能な「高速シンクライアントゲートウエイ技術」を開発した。この技術では画面データの転送量を既存技術の10分の1に削減可能で、既存システムにゲートウエイを加えるだけでBYOD(Bring Your Own Device)などの活用が可能になる。

開発したゲートウエイ技術を使うと画面データ量の転送量が少なくて済むため、スマートフォンやタブレットなどのスマート端末にPC向けの既存の業務画面を高速に表示できるほか、3G/WiMAX/LTEなど各種のモバイル通信環境でもスムーズな操作を実現できる。画面更新の速いアプリケーションに対して、動きの早い部分を動画で送信する「動画/静止画のハイブリッド転送方式」を採用するなどして、従来比で10分の1のデータで画面転送が可能になった。

また、既存の業務アプリケーションに手を加えずに、ゲートウエイを追加設置するだけでスマートフォンなどのスマート端末への対応ができることもポイント。Webシステム上の業務アプリケーションで広く使われているHTTPや、リモートデスクトップに使われているRDPで画面データを取得し、認証・セッション管理機構と連携しながら効率的に画面データを送信できる富士通研究所独自の「RVEC」(Remote Virtual Environment Computing:レベック)プロトコルにリアルタイムで変換してスマート端末に送信する。スマート端末と既存業務アプリケーションの間をゲートウエイが仲立ちする形になり、アプリケーションの改修などが不要でBYOD利用を可能にする。

想定する利用方法は、営業・顧客支援システムなど社内のPC向け既存業務アプリケーションをスマート端末で利用したり、PC向けeラーニング用コンテンツをスマート端末で使ったりするケース。富士通研究所では、ゲートウエイ技術を富士通のネットワークサービス・プロダクトとして今後順次製品する計画である。

【報道発表資料】
業界初!ゲートウェイを置くだけでPC向けWeb業務画面を簡単かつスムーズにスマート端末で利用可能に

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。