WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ウィルコム、4G対応スマートフォンなど夏モデル新製品と新サービスを発表

2013.07.04

Updated by Naohisa Iwamoto on July 4, 2013, 20:25 pm JST

ウィルコムは2013年7月4日、スマートフォンなどの新製品と、新サービスを発表した。スマートフォンが3機種、AndroidスマートフォンでPHS通話ができる新端末、固定電話にかかる迷惑電話を防止する新端末--計5つの新製品を提供する。

スマートフォンは3機種。DIGNO DUAL 2<WX10K>(京セラ製)、AQUOS PHONE es<WX04SH>(シャープ製) STREAM<201HW>(ファーウェイ・ジャパン製)で、いずれもAndroidをOSに採用するスマートフォンだ。

DIGNO DUAL 2は、下り最大76Mbpsの4Gおよび3Gに加えて、PHSにも対応したデュアル端末。高速な4G(AXGP方式)のデータ通信と、高音質なPHSを両立して利用できる。エリアが広い3Gの音声通話/データ通信も利用可能だ。ディスプレイは4.7インチのHD(720×1280ドット)、CPUは1.5GHzのデュアルコアを採用する。OSはAndroid 4.2。おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信、防水・防塵機能を備える。ディスプレイ全体を振動させることで聞き取りやすくする「スマートソニックレシーバー」も搭載する。

AQUOS PHONE esは、3GとPHSに対応するコンパクトなデュアル端末。PHSの高音質な通話と、3G(下り最大42Mbps)、Wi-Fi(IEEE802.11b/g/n)、PHS(下り最大400kbps)の各種データ通信を活用できる。ディスプレイは4インチ(480×854ドット)でボディーサイズも幅が60mmと小さく、ラウンドフォルムと合わせて持ちやさを追求した。OSはAndroid 4.1、CPUは1.5GHzのデュアルコアを搭載する。おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信、防水の各機能を備える。片手で簡単に画面の点灯やアプリの起動ができる「クイック起動キー」、画面内を拡大できる「かんたんズーム」など、使いやすさを考慮した機能も備える。

STREAMは下り最大76Mbpsの4G(AXGP方式)と3Gに対応するスマートフォン。PHSの機能はない。ディスプレイは4.3インチ(540×960ドット)、CPUは1.5GHzのデュアルコア、OSはAndroid 4.0を搭載する。1.8秒で10枚の高速連写ができる約800万画素カメラ、1930mAhのバッテリーを備える。

ウィルコムはこれらのスマートフォン向けの専用料金として、「ウィルコムプランLite」と「ウィルコムプランD+」を発表した。ウィルコムプランLiteは、月額基本料金が980円、WEB接続料が月額315円、パケット通信料が月額2980円のプラン。6カ月間のパケット通信料が1980円になるキャンペーンを実施する。月間1GB以上の利用で128kbpsへの通信速度制限がかかる。ウィルコムプランD+は月額基本料金が980円、WEB接続料が月額315円、パケット通信料が月額5985のプラン。2年間のパケット定額料が5460円に割り引かれるキャンペーンを実施する。こちらは月間7GBを超えたときに128kbpsへの速度制限がかかる。PHSに対応するDIGNO DUAL 2とAQUOS PHONE esの2機種ならば、PHS同士の通話は無料。月額980円のオプション料金で「だれとでも定額」を利用できる。

PHSを活用した新ジャンルの端末も2機種発表した。スマートフォンでPHS通話をできるようにする「だれとでも定額パス<WX01TJ>」(TJC製)と、固定電話あての迷惑電話を防止する「迷惑電話チェッカー<WX07A>」(エイビット製)だ。

だれとでも定額パスは、専用の通話アプリケーションをインストールしたAndroid 4.0以上を搭載したスマートフォンから、PHS通話ができるようにする通信機器。スマートフォンとはBluetoothで接続し、PHSによる通話が可能になる。月額490円の「パス専用プラン」を用意し、PHS同士の通話は無料。月額980円のだれとでも定額を併用すると、月間500回までの10分以内の通話が無料になる。

迷惑電話チェッカーは、固定電話回線と家庭の固定電話の間に付属のモジュラーケーブルで接続して利用する迷惑電話防止装置。振り込め詐欺やしつこい勧誘電話などの悪質な迷惑電話からの着信があった場合に自動で光と音声で警告する。迷惑電話番号情報は、トビラシステムズが提供し、2013年7月時点で2万件以上が登録済み。迷惑電話の番号はユーザー全体が共有することで、初めての着信でもリスクのある相手からの通話であると警告できる。専用の料金プラン(基本使用料:月額210円、オプション料:月額490円)を用意する。

【報道発表資料】
ウィルコムのスマートフォン専用料金「ウィルコムプランLite」および「ウィルコムプランD+」の提供開始について
ウィルコムスマートフォン専用料金プラン対応新商品について
「だれとでも定額パス<WX01TJ>」の発売について
「迷惑電話チェッカー<WX07A>」の発売について

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。