WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

パナソニック、コンシューマー向けスマホ開発を休止、BtoB向けスマホに資源を集中

2013.09.26

Updated by Naohisa Iwamoto on September 26, 2013, 19:50 pm JST

パナソニックは2013年9月26日、コンシューマー向けのスマートフォン開発を休止し、新規・成長分野に経営資源を再配置すると発表した。BtoC市場向けのスマートフォン開発は、2013年度下期以降の新製品開発を休止する。

パナソニックは、AVCネットワークス社(AVC社)傘下のパナソニックモバイルコミュニケーションズ(PMC)の携帯電話事業を大幅に見直す。BtoB事業などの成長分野の事業強化の一環だという。10月1日付けでの携帯電話事業の再編の内容は、下記の通り。

BtoC市場向けのフィーチャーフォンの開発は、PMCからAVC社傘下のパナソニック システムネットワークス(PSN)のコミュニケーションプロダクツ事業部に業務委託する。BtoBスマートフォン事業は、PMCからPSNのターミナルシステムBUに移管する。これにより、PMCはBtoC市場向けのフィーチャーフォンの生産、販売と、既発売製品のユーザーサポートに集中することになる。

【報道発表資料】
携帯電話端末事業の経営資源を新規・成長分野に戦略的再配置

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。