WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

KDDI研、Wi-FiとLTEを同時に使える新技術搭載のブラウザを開発し無償提供

2013.09.26

Updated by Naohisa Iwamoto on September 26, 2013, 18:54 pm UTC

KDDI研究所は2013年9月26日、Wi-FiとLTEを同時に使って通信できるスマートフォン向けのブラウザ「predio(プレディオ)」を開発したと発表した。predioのβ版を同日から期間限定で無償提供する。

predioは、Wi-FiとLTEを同時に使って通信できる「リンクアグリゲーション」という技術を搭載したブラウザ。リンクアグリゲーション技術を搭載したスマートフォン向けのブラウザは世界初という。通常のブラウザでは、Wi-FiまたはLTE/3Gのいずれか1つの通信手段を使ってデータをやり取りする。そのため、接続している通信手段が無線の変動などにより不安定になった場合には、データのやり取りがうまく行かなくなることがある。predioはWi-FiとLTEの両方の通信手段を同時に利用できるため、片方が不安定になっても、もう一方の通信手段で通信を継続できる。また、ファイルなどのダウンロード時には、Wi-FiとLTEの両方を同時に使って、より高速なダウンロードを実現することも可能だ。

β版は、9月26日~2014年3月31日の期間限定で無償提供する。対応OSはAndroid 4.0以降で、対応機種はauスマートフォンのうち、下記の機種である。XPERIA UL SOL22、URBANO L01、XPERIA VL SOL21、GALAXY SIII Progre SCL21、AQUOS PHONE SERIE SHL21、ARROWS ef FJL21、DIGNO S KYL21、Optimus G LGL21、G'zOne TYPE-L CAL21。

【報道発表資料】
Wi-FiとLTEを同時に使用し、快適なブラウジングを実現するウェブブラウザ 『プレディオ』β版を 本日9月26日より無償提供開始

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。