WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

クアルコム、Mirasolディスプレイ搭載のスマートウォッチ「Toq」を発表

2013.09.05

Updated by WirelessWire News編集部 on September 5, 2013, 14:21 pm JST

チップメーカー大手の米クアルコム(Qualcomm)がスマートウォッチ「Toq」を発表した。価格は300〜350ドル程度になる見込みで、今年第4四半期に米国で発売されるという。


Qualcomm]

Toqの最大の特徴はクアルコムが開発を続ける「Mirasol」ディスプレイ。「Mirasol」の技術は、Eインクのような省電力性と太陽光の下でも見やすいカラーディスプレイの表示能力を両立するものとされている。Engadgetによると、Toqのバッテリー駆動時間(待機時間)は3〜5日で、同日発表になったサムスン「Galaxy Gear」(Super AMOLEDディスプレイ採用)の約1日に比べてはるかに長いという。充電はWiPower LE規格の非接触式で、付属する充電スタンド兼用のケースを使えば本体とBluetooth接続のイヤホンを同時に充電可能だという。

Toqは、Android スマートフォン(ver. 4.0.3以降が必要)と連携し、通話やテキストメッセージの読み上げ、株価や天気予報の表示、リマインダーなどの通知、音楽の再生コントロールなどが可能。操作はタッチ式ディスプレイで行うが、アプリの設定などは連携するスマートフォンから行うことになるという。

AllThingsDでは、「Toq」の製造台数は多くて数万台程度とするクアルコム幹部の話を紹介。同社では、いまのところあまり採用が進んでいないMirasolディスプレイの普及促進に向けた試みの一つとして「Toq」を開発したとしている。


[Engadget]

【参照情報】
Qualcomm makes a timely entrance with full-featured Toq Mirasol smartwatch (hands-on video) - Engadget
Qualcomm enters the smartwatch game with Toq - The Verge
It Turns Out Qualcomm Is Making a Smartwatch, Too - AllThingsD
Qualcomm to Sell 'Toq' Smart Watch to Show Off Display - Bloomberg

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG