WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

A4WP設立メンバーのクアルコム、「Qi」陣営の理事会入り - 非接触充電規格争いに影響

2013.09.24

Updated by WirelessWire News編集部 on September 24, 2013, 12:57 pm JST

非接触充電の規格標準化団体WPC(Wireless Power Consortium)は20日、同団体の理事会にクアルコム(Qualcomm)を迎え入れたことを明らかにした。

非接触充電の分野では、ベライゾン(Verizon)など172が参加して「Qi」規格を推すWPC、AT&Tやスターバックス(Starbucks)などの支持を受けたPMA(Power Matters Alliance)、クアルコムやサムスン(Samsung)が中心となって形成したA4WP(Alliance for Wireless Power)の3つのグループがそれぞれ互換性のない規格を推進して競争を繰り広げている。

A4WPとWPCはこれまで互いに批判を繰り広げてきただけに、A4WPの設立メンバーでもあるクアルコムが競合相手のWPCに理事として加わったことは、今後の規格競争に大きな影響を及ぼす動きとして注目を集めている。

なお、クアルコムは「A4WPが最も成熟した、共鳴方式の最上の形であると(引き続き)信じている」と述べ、A4WP方式へのサポートも続ける意向を明らかにしているという。

このクアルコムの動きについてEngadgetでは、今後A4WPとWPCが歩み寄る可能性があるとしている。いっぽうThe Vergeでは、クアルコムが1つの規格に賭けることを避け、他の陣営が勝利した場合に備える選択肢を採った可能性もあると指摘している。

【参照情報】
Qualcomm, Verizon join board of management of the WPC - WPC
Qualcomm joins Wireless Power Consortium board, sparks hope for A4WP and Qi unification - Engadget
Wireless charging war gets more interesting, as Qualcomm joins Qi - The Verge

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG