WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

日本通信、デバイス別サービスSIMの第一弾、3GBまで高速接続のルーター向けで月額1638円

2013.12.17

Updated by Naohisa Iwamoto on December 17, 2013, 19:45 pm JST

日本通信は2013年12月17日、同社が提供するモバイルルーター「b-mobile4G WiFi3」と、同ルーター向けSIMのセット「b-mobile4G WiFi3 Happyパッケージ」を発売すると発表した。価格は2万4900円(税抜き2万3715円)。月額1638円(税抜き1560円)で3GBまでのLTE通信が可能だ。

同パッケージは、日本通信が2013年12月16日に発表した「デバイス別サービスSIM」プラットフォームを活用したサービスの第一弾。デバイスを自動判別して、そのデバイスに最適化した専用の通信サービスを提供することで、料金とパフォーマンスのバランスを取ることができるという。

b-mobile4G WiFi3は、下り最大100MbpsのLTEに対応したモバイルルーター。LTEは800M/1.5G/2.1GHz帯の3バンドに対応し、Wi-Fiで同時に10台までの端末を接続して通信できる。同パッケージが提供するSIMとセットで使うことで、LTEの高速データ通信を月間3GBまで利用できる。3GBを超えた場合は通信速度が200kbpsに制限される。3GBまで利用できて税込み月額1638円という料金での提供について、日本通信は「データ通信市場におけるプライスリーダーを再獲得」したとしている。

同パッケージに含まれるSIMは、b-mobile4G WiFi3に挿して使うときだけ、LTEの高速データ通信が可能。他の機器に挿して使うこともできるが、その場合は200kbpsの通信に制限される。モバイルルーターのトラフィックパターンを分析するなどしてサービスを最適化し、端末認証によりその機器専用のサービスを提供できる「デバイス別サービスSIM」プラットフォームを活用することで、低価格なサービスを実現した。

販売は12月21日に開始。イオン、ヨドバシカメラ、Amazon.co.jpと日本通信のb-mobile取扱販売店で提供する。

【報道発表資料】
日本通信、新機軸でプライスリーダー再獲得
日本通信、"デバイス別サービスSIM"プラットフォームを投入

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。