WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

NTTソフトウェアなど、2014年1月からJubatusの商用サポート体制を提供

2013.12.19

Updated by Asako Itagaki on December 19, 2013, 17:21 pm JST

NTTソフトウェア、Preferred Infrastructure社(以下PFI)、NTTは、ビッグデータのリアルタイム分析処理基盤「Jubatus(ユバタス)」の商用サポート体制の確立を発表した。2014年1月15日から、公式サイトで公開しているオープンソースを対象にした技術内容に関する問い合わせや導入サポートに有償で対応する。

JubatusはNTTとPFIが共同開発したフロー型ビッグデータ(TwitterやGPSの位置情報のような刻々と流れる膨大なデータ)をリアルタイムに深く分析する技術。顧客クラスタリング、不正検知、ソーシャルコミュニティ分析、株価予測、ECサイトの商品お勧め、検索サイトの連動広告などの利用シーンを想定した分析機能をオープンソースで公開している。

今回の発表は、2011年10月の公開以来、利用を希望するビジネスユーザーから多くの技術に関する問い合わせや初期導入コンサルティングの要望が寄せられていたことに対応するもの。3社はJubatus活用支援を通じてビッグデータ活用によるビジネスユーザ事業の加速をサポートする。

今回の体制が提供するJubatusのサポートサービスは「ナレッジサービス(基本プラン)」「保守サービス(オプションプラン)」「個別支援サービス(オプションプラン)」の3つに分かれる。それぞれの項目について、企業の要望に合わせ、適切なサポートレベルを用意する。詳細は1月15日のサポート開始に合わせてNTTソフトウェアのサイトで案内する予定。

▼サポートサービスメニューの概要(報道発表資料より)
201312191730-1.jpg

▼三社の方針と役割(報道発表資料より)
201312191730-2.jpg

【Jubatusについて】
フロー型ビッグデータに対するリアルタイム分析技術として、オンライン機械学習を分散スケールする世界初のプロダクト。リアルタイムでのオンライン機械学習で分析を実行しながら、データの流量・規模が増えた場合でも、サーバを多数並べるだけで負荷分散と可用性を同時に満たす。

▼フロー型ビッグデータ×機械学習モデル(報道発表資料より)
201312191730-3.jpg

2012年12月に開始したNTTデータ社の「Twitterデータ提供サービス」に使われている。また、PFIでは、自社製品にJubatusを組み込んでおり、すでに第一弾としてSedue for Big Dataを2013年6月に商品化している。

【報道発表資料】
ビッグデータのリアルタイム分析処理基盤「Jubatus」の商用サポート体制を確立

【関連情報】
Jubatus
Sedue for BigData(株式会社 Preferred Infrastructure)
ビッグデータのリアルタイム分析処理基盤「Jubatus」(NTTソフトウェア・2014年1月15日公開予定)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

板垣 朝子(いたがき・あさこ)

WirelessWire News編集委員。独立系SIerにてシステムコンサルティングに従事した後、1995年から情報通信分野を中心にフリーで執筆活動を行う。2010年4月から2017年9月までWirelessWire News編集長。「人と組織と社会の関係を創造的に破壊し、再構築する」ヒト・モノ・コトをつなぐために、自身のメディアOrgannova (https://organnova.jp)を立ち上げる。