WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ドコモが2年ぶりに純増首位を奪還、2013年12月の携帯電話契約数

2014.01.10

Updated by Naohisa Iwamoto on January 10, 2014, 19:11 pm JST

電気通信事業者協会(TCA)は2014年1月10日、2013年12月の携帯電話契約数を発表した。純増数はNTTドコモが28万件近くまで伸ばし、2011年12月以来の首位に返り咲いた。

携帯電話大手3社の累計契約数は1億3655万8000件で、前月比0.5%の増加。事業者別の純増数は、NTTドコモが27万9100件で、前月の9万3400件から大きく伸ばした。iPhoneの安定供給とAndroidの冬モデルの投入が功を奏したと見られる。LTEサービス単体の数値を唯一公表しているXiは、97万6500件の純増で、累計契約数を1902万1400件へと伸ばし、2000万件の大台にあと一歩まで近づいた。

KDDIの純増数は22万2600件、ソフトバンクモバイルは22万4300件と僅差ながらソフトバンクモバイルが上回った。とはいえ、ソフトバンクモバイルの12月の純増数は商戦期としては低調で、2013年通年でも最低の数値。3社ともにiPhoneを取り扱うようになった影響がじわじわと表れているようだ。

M2M向け端末やデジタルフォトフレームなどの「通信モジュール」の純増数は、NTTドコモが1万4700件、KDDIが8500件、ソフトバンクモバイルが4万2100件だった。携帯電話全体の純増数から通信モジュールを差し引き、スマートフォンやフィーチャーフォンといった一般の携帯電話端末の純増数を単純計算すると、12月はドコモが26万4400件、KDDIが21万4100件、ソフトバンクモバイルが18万2200件となった。

【報道発表資料】
2013年12月末現在 事業者別契約数

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。