WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

キングソフト、法人向けにトークやタイムラインなどSNS機能を提供する「WowTalk」

2014.03.25

Updated by Naohisa Iwamoto on March 25, 2014, 20:26 pm JST

キングソフトは2014年3月25日、法人向けにSNSライクなコミュニケーション機能を備えたアプリ「WowTalk Business」(以下、WowTalk)の提供を開始したと発表した。グループトーク、無料の音声通話、タイムラインによる情報共有機能などを備え、社内情報の活性化や意思決定の迅速化につなげる。

WowTalkは、LINEのトークや無料通話機能と、Facebookに代表されるタイムライン形式の情報共有機能を、法人向けにワンストップで提供するサービスと言える。「トーク」機能では、1対1および複数のメンバーを指定したグループ内で、チャット形式のトークが利用できる。無料の音声通話にはハウリング軽減やパケットロス補正の機能を搭載し、安定してクリアな通話が可能と言う。社内やグループ内での情報共有には「タイムライン」機能が活用できる。社員への告知、情報共有、アンケートの集計、さらに社内での知見を共有するいわゆる「知恵袋」的な利用も可能だ。

法人向けサービスとしての管理機能も備える。IDとパスワードで管理するアカウントは、企業の管理者が管理者サイトから一元的に発行し、アカウントを持つ社員だけが利用できる。管理者による一括管理であるため、社外の人間や離職者などの利用を防ぎ、企業情報の管理を徹底できる。管理者は社員リストによりユーザーの一括登録が可能。組織の登録や変更・削除にも対応する。利用者は個人のスマートフォンの電話番号やメールアドレスを公開することなく、アプリをインストールしてログインするだけで社内の情報共有システムに参加できる。今後、安否確認機能など、法人向けの機能を拡充する計画である。

WowTalkはワウテック(本社:東京都新宿区)が開発する企業向けアプリ。主に中小規模の企業や社内のグループなどでの利用を見込む。利用料金は、50IDの利用料金を含んだ基本パックが月額1万円。10IDまでの利用であれば、期間の限定なく無料で使える。サービス提供を記念して、全ユーザーを対象として6カ月間の利用料金を無料にする期間限定のキャンペーンも実施する。

【報道発表資料】
グループトークとタイムライン機能で社内を活性化、意思決定を加速させる企業向けアプリ「WowTalk Business」

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。