WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

イオン、2980円から使える「イオンのスマートフォン」を4月4日発売

2014.03.31

Updated by Naohisa Iwamoto on March 31, 2014, 18:31 pm UTC

イオンは2014年3月31日、日本通信との協業により月額2980円(税抜き、以下同)と低料金で使えるスマートフォン「イオンのスマートフォン」を発売すると発表した。4月1日に予約を受け付け開始、4月4日に発売する。全国限定8000台で、イオンなど約170店舗で販売する。

イオンのスマートフォンは、端末としてGoogleの3Gスマートフォン「Nexus 4」(LG電子製)を、通信サービスとして日本通信のb-mobileを利用したもの。Nexus 4の端末代金は、月額1420円の24回払い(端末代金総額は3万4080円)、通信サービス料金は月額1560円。これらの合計の月額2980円でスマートフォンを利用できる。

料金には、通信速度が最大200kbpsで使い放題のデータ通信サービスが含まれる。通信速度が低いため、動画の視聴など高速データ通信を要求するサービスには適さないが、メールやSNS、Webサイトの閲覧などが中心のユーザーならば低料金でスマートフォンを運用できる。高速通信が必要なユーザーには、「3GB高速データオプション」(月額1560円)、「Turbo Charge」(300円/100MB、1200円/500MB)も用意する。通話料金は基本料金には含まれないが、大手携帯電話事業者のサービスと同じ30秒ごとに20円で通話できリーズナブルだ。初期費用はSIMパッケージ代金として3000円がかかる。

通信サービスだけの解約が可能で、2年以内の解約でも契約解除料などは発生しない。ただし、通信サービスを解約した後も24回払いの端末代金の支払いが終わるまでは、分割支払いが続くので注意が必要だ。スマートフォンを運用するための支払いは、大手キャリアの契約だと月額7000円前後が必要な中で、端末と通信サービスをセットにして3000円以下で提供する試みは、端末価格や通信料金の設定に一石を投じる可能性がある。

【報道発表資料】
ご家庭の通信費を大幅削減!「イオンのスマートフォン」発売

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。