WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

アップル、コムキャストとの提携を模索 - ストリーミング動画サービスで(WSJ報道)

2014.03.24

Updated by WirelessWire News編集部 on March 24, 2014, 15:30 pm JST

アップル(Apple)が米ケーブル市場最大手のコムキャスト(Comcast)とストリーミング動画配信サービスをめぐる提携交渉を進めているという。WSJが米国時間24日に報じた。

WSJによると、アップルは同社の「Apple TV」をセットトップボックス(STB)代わりに利用し、コムキャスト加入者がライブ放送とオンディマンド動画を区別なく視聴できるようにしたい考え。また専用のチャンネルガイドを持たせたり、クラウド側にビデオレコーダー機能を持たせる計画もあるという。

この話で目を惹くのは、アップルがコムキャストに対して、Apple TVを利用するコムキャスト加入者のトラフィックを「特別扱い」し、データ転送に遅滞が生じないようなサービスを求めているとされる点。ただしアップルが求めているのは、データ転送に関する品質を保証する「マネージドサービス」で、コムキャストがNBCユニバーサル(NBCUniversal)買収に際して条件を課せられた「ネットワーク中立性」確保のルールーー一部のデータトラフィックを優先扱いすることを禁じたルールの違反に当たることはないという。

WSJによると、両社の交渉はまだ初期段階で解決すべき点が多く残っており、具体的にはアップルの要望を実現するのに必要とされる設備投資の費用をどういう形で負担するかなどはこれから。またユーザーがApple IDを使ってログインできるようにすることをアップルが望んでいる、Apple TV利用者がコムキャストに支払うケーブルテレビ受信料の一部をアップルが受けとりたいと考えている点も、今後解決すべき課題とされているようだ。

アップルは2012年なかばからタイムワーナーケーブル(Time Warner Cable、TWC)とストリーミング動画サービスに関する交渉を続けていたが、TWCが他のケーブルテレビ会社による買収の標的となって以降、両社の話し合いは進展をみせていなかった。アップルとコムキャストとの話し合いは、コムキャストが2月にTWCの買収計画を明らかにしたことを受けてのものとされている。

なお、The Informationではこの話題に関連して、アップルが今年投入するとみられる新しいApple TVについての情報を伝えている。この記事によると、新しいApple TVはビデオゲーム機能に重点を置いたものになるとされ、アップルではiPhone/iPad向けのゲーム開発者に対して、Apple TVに対応するマルチスクリーン・ゲーム(iPhone/iPadをゲームコントローラとして利用するものなど)の開発をさらに促したい考えだという。

【参照情報】
Apple in Talks with Comcast About Streaming-TV Service - WSJ
Apple Pushes Ahead with TV Box Amid Tough Talks with Cable Cos. - The Information
Apple and Comcast discussing TV service to bypass net congestion: WSJ - The Verge

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG