WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ロシア生まれのタトゥー音楽

2014.04.17

Updated by Kenji Nobukuni on April 17, 2014, 10:00 am JST

201404171700-1.jpg

タトゥーのデザインを「楽譜」として読み取り、音楽に変換する機械、Reading My Bodyと名づけられた無骨な装置が開発された。タトゥー(t.A.T.u.)と言えばロシアということなのか、考案したのはロシアの芸術家であるドミトリー・モロゾフ氏。レールに取り付けられたセンサーが上下してバーコードのようなタトゥーの図柄を読み取る。

ちょうどバーコードを文字列に読み替えるように、タトゥーの模様を楽譜に変換して音を奏でるのだが、自動または手動で動くセンサーの経路や速さなどを変えれば、同じ模様から別の音楽が生まれるので、何度も何度も同じ音楽ばかり聞かされることはないそうだ。

装置には任天堂のWiiのコントローラが利用されており、通信プロトコルにはMIDIではなくOSC(OpenSound Control)が採用されている。

【参照情報】
Reading My Bodyのウェブページ
Artist's Robot Turns Tattoo Into Musical Score

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

信國 謙司(のぶくに・けんじ)

NTT、東京めたりっく通信、チャットボイス、NECビッグローブなどでインターネット関連の事業開発に当たり、現在はモバイルヘルスケア関連サービスの事業化を準備中。 訳書:「Asterisk:テレフォニーの未来