WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

中国メーカーOPPOも狙うインド市場

2014.04.25

Updated by Hitoshi Sato on April 25, 2014, 08:54 am UTC

20140425-1.jpg
Image by Luc Forsyth (CC-BY-SA)

中国メーカーOPPOがスマートフォン「OPPO Find 7」を2014年5月からインド市場で投入すると報じられた。約34,500ルピー(約58,000円)で販売する予定である。ハイエンドのフラグシップ端末である。

同社は、2014年初頭にインド市場に「OPPO N1」でインド市場に進出し、現在までに「OPPO R1」、「OPPO Find 5」、「OPPO Neo」の販売を行っている。そして2014年中には10機種のスマートフォンをインド市場において展開する予定である。競争激しいインド市場でOPPOは「アフターセールス」(販売後)のサポートとそのネットワークを強化することによって顧客満足度の高いメーカーとしてインド市場で戦っていく予定である。

OPPOはタイをはじめとした東南アジア市場でも人気が高い。(参考:タイで台頭するOPPOのスマートフォン)OPPOはインドにおいてもタイや東南アジアでの躍進と同様に成功できると強い自信を覗かせている。

インド市場ではまだまだフィーチャーフォンの方が出荷台数も多く、今後スマートフォンの飛躍的な成長が期待できることから、インドの地元メーカー、グローバルメーカー、中国メーカーが相次いで参入している。OPPOは中国メーカーであるが、OPPOだけに限らずインドや世界で普及している中国メーカーの端末に中国の雰囲気は感じない。グローバルメーカーと遜色ない品質、デザインで市場に投入されている。

東南アジアを中心にブランドを確立してきたOPPOであるが、「アフターセールス」のサポートを武器にしてインド市場でも同様にその勢いを維持できるのだろうか、注目である。

▼インド市場における携帯電話出荷総数とスマートフォンの内訳
20140312-2.jpg
(IDC発表資料を元に筆者作成)

▼2013年第4四半期のインド市場でのスマートフォン出荷メーカー別ランキング
20140312-5.jpg
(IDC発表資料を元に筆者作成)20140312-5

【参考動画】OPPOのインドでのテレビCM

▼OPPOがインドで販売しているスマートフォンのラインナップ
20140425-2.png

【関連記事】
成長余地の高いインドのスマートフォン市場に挑むパナソニック
インド初のグローバルメーカーを目指すMicromax
ヒューレット・パッカードが狙うインドのスマートフォン市場
まだまだフィーチャーフォンの方が圧倒的に多いインドの携帯電話市場
インドのスマートフォン「ブランド」でソニーが2位に

【参照情報】
OPPO India
Oppo Find 7 with Quad-HD display to be launched in India by mid-2014
OPPO Find 7 to be launched by mid- 2014

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

佐藤 仁(さとう・ひとし)

2010年12月より情報通信総合研究所にてグローバルガバナンスにおける情報通信の果たす役割や技術動向に関する調査・研究に従事している。情報通信技術の発展によって世界は大きく変わってきたが、それらはグローバルガバナンスの中でどのような位置付けにあるのか、そして国際秩序と日本社会にどのような影響を与えて、未来をどのように変えていくのかを研究している。修士(国際政治学)、修士(社会デザイン学)。近著では「情報通信アウトルック2014:ICTの浸透が変える未来」(NTT出版・共著)、「情報通信アウトルック2013:ビッグデータが社会を変える」(NTT出版・共著)など。