WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

タイ軍事政権、ゲーム「Tropico5」を国家治安上の理由から販売禁止

2014.08.06

Updated by Hitoshi Sato on August 6, 2014, 14:11 pm UTC

20140806-1.jpg

軍事政権下にあるタイの文化省文化振興局の機関は2014年8月5日、PCベースのシミュレーションゲーム「Tropico 5(トロピコ5)」が国家の治安を脅かすおそれがあるとして販売禁止命令を出した。

「Tropico 5(トロピコ5)」は、カリブ海にあるトロピカル島(架空の国)でプレーヤーが独裁者となり、自分の軍事独裁政権を築くというシュミレーションゲームである。ゲームの中では、独裁者になったプレーヤーが選挙操作やメディアを規制したりするオプションもある。ブルガリアのHaemimont Gamesが開発し、2014年5月23日にリリースされた。

タイでは2014年5月22日から軍事政権になったので、翌日にリリースされたことになる。「Tropico 5」の前のバージョン(「Tropico 4」や「Tropico 3」)までは問題なかった。ゲームの主旨、内容から見ても軍事政権としては許容できないと判断したのであろう。クーデータ後、文化省はプラユット・チャンオチャ陸軍司令官が率いる軍事政権のナンバー2である海軍司令官が握っていることから、これからもこのような政権の検閲や販売禁止が出てくる可能性は否めない。

今回の措置に対するタイの人々の動向は報じられていないが、今回のような「ゲームの自由」や「表現の自由」を抑圧することは、軍事政権自らの首を絞めることにもつながりかねない。

「革命で出来た国家は革命を一番恐れる。」これは人類と国家の歴史が証明している。

【参照情報】
Thai government bans 'military rule' computer game
Thailand Bans Tropico 5 City-Building Game Over Security Concerns
Thailand's censors ban 'Tropico 5' computer game

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

佐藤 仁(さとう・ひとし)

2010年12月より情報通信総合研究所にてグローバルガバナンスにおける情報通信の果たす役割や技術動向に関する調査・研究に従事している。情報通信技術の発展によって世界は大きく変わってきたが、それらはグローバルガバナンスの中でどのような位置付けにあるのか、そして国際秩序と日本社会にどのような影響を与えて、未来をどのように変えていくのかを研究している。修士(国際政治学)、修士(社会デザイン学)。近著では「情報通信アウトルック2014:ICTの浸透が変える未来」(NTT出版・共著)、「情報通信アウトルック2013:ビッグデータが社会を変える」(NTT出版・共著)など。