WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ウィルコム、1500円で国内通話とPHSパケット通信が無制限になる「スーパーだれとでも定額」

2014.05.30

Updated by Naohisa Iwamoto on May 30, 2014, 20:35 pm UTC

ウィルコムは2014年5月30日、月額1500円のオプションサービス「スーパーだれとでも定額」を6月1日に開始すると発表した。1500円のオプション料金を支払うことで、国内通話、パケット通信量がいずれも無料になる。

スーパーだれとでも定額では、PHSによる国内通話、データ通信が無制限に無料で利用できるオプションサービス。基本料金プランとして、「新ウィルコム定額プランS」「新ウィルコム定額プラン」「パス専用プラン」「新ウィルコム定額プランGS」「ウィルコムプランW」と組み合わせて利用できる。「新ウィルコム定額プランS」(月額1381円)と組み合わせた場合は、2881円の月額料金で国内通話とパケット通信が使い放題になる。

無料になるのはPHSの回線で通信した国内通話、パケット通信。3G回線の番号から発信した場合は、通話は30秒20円、パケット通信も課金対象となる。また、着信転送サービス利用時の転送先への通話、国際電話、留守番電話、「0570」から始まるナビダイヤルなどは無料通話の対象とならない。

これまでウィルコムでは、月額934円のオプション料金を支払うと、10分以内の通話が月間500回まで無料になる「だれとでも定額」を提供してきた。今回の「スーパーだれとでも定額」は時間、回数の制限をなくし、NTTドコモの新料金プランと同様に一般の国内通話をかけ放題にする潮流を生み出すサービスとなる。ウィルコムは6月1日にイー・アクセスと合併した後も、サービス、商品は継続して提供するとしている。

【報道発表資料】
新オプションプラン通話無制限・データ無料 「スーパーだれとでも定額」の開始について

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。