WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

盗まれたスマートフォンの68%は戻ってこない:アメリカのスマートフォン盗難事情

2014.06.06

Updated by Hitoshi Sato on June 6, 2014, 11:30 am UTC

20140606-1.jpg
Image by West Midlands Police (CC-BY-SA)

アメリカのスマートフォン普及台数は1億5,980万台で、携帯電話全体の66.8%。その数は年々増加している。そのアメリカで2013年に310万のスマートフォンが盗難被害にあった。携帯機器用セキュリティー・アプリケーション開発企業Lookoutが報告書をまとめた。それによると、

  • 2013年にアメリカで盗まれたスマートフォンは310万。
  • アメリカのスマートフォン利用者のうち、スマートフォンを盗まれたことがあるのは10%。
  • そのうち68%は、盗まれたスマートフォンが手元に戻ってきていない。
  • 44%は所有者による置き忘れが原因。
  •  盗まれた場所として最も多かったのがレストラン(16%)、以下バーやナイトクラブ(11%)、職場(11%)、公共交通機関(6%)、道路(5%)と続いた。
  • 盗難発生時間では正午12時から午後5時がもっとも多い。
  • 所有者は電話がないことに気付くのに1時間ほどかかっている。
  • 犯人は所有者が電話してきたり追跡したりできないよう、盗んだ後すぐに電話のスイッチを切るかエアプレーン・モードにするか、またはSIMカードを取り外すといった対策をとる。
  • 電話がないことに気が付く時間が早いほど戻ってくる確率も高くなる。

盗難被害にあったうち68%の人は「電話を取り戻すためには危険を顧みない」と答えているが、自分で犯人に立ち向かわないよう強く警告しており、警察や携帯電話会社に届け出るよう推奨している。 また、端末に暗証番号を設定したり、端末の現在地を確認できるアップルの「Find my iPhone」のようなアプリケーションを使うことも奨励している。

またアメリカでは、アップルやサムスンのようなグローバルメーカーが盗難防止機能の「キル・スイッチ」をスマートフォンに搭載することで合意した。 同機能は、2015年7月以降に生産されアメリカ国内で販売される全てのスマートフォンに適用されることになっている。盗難対策への様々な施策が講じられようとしている。

【参照情報】
68% of smartphone theft victims never recover device, report says
68 Percent of Smartphone Theft Victims Willing to Put Themselves in Danger to Retrieve Stolen Phone
comScore Reports January 2014 U.S. Smartphone Subscriber Market Share

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

佐藤 仁(さとう・ひとし)

2010年12月より情報通信総合研究所にてグローバルガバナンスにおける情報通信の果たす役割や技術動向に関する調査・研究に従事している。情報通信技術の発展によって世界は大きく変わってきたが、それらはグローバルガバナンスの中でどのような位置付けにあるのか、そして国際秩序と日本社会にどのような影響を与えて、未来をどのように変えていくのかを研究している。修士(国際政治学)、修士(社会デザイン学)。近著では「情報通信アウトルック2014:ICTの浸透が変える未来」(NTT出版・共著)、「情報通信アウトルック2013:ビッグデータが社会を変える」(NTT出版・共著)など。