WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

KDDI、LTE-Advanced向けの新型アンテナで指向性制御技術の屋外実証実験

2014.07.29

Updated by Naohisa Iwamoto on July 29, 2014, 20:00 pm UTC

KDDIとKDDI研究所は2014年7月29日、LTEの次世代の通信規格である「LTE-Advanced」向けの無線機内蔵小型アンテナで、指向性制御技術を実装した屋外実験を行ったと発表した。電波を強める方向と弱める方向を制御することでカバーエリアの調整が容易になるため、他の基地局との干渉を抑えることができる。

新型の無線機内蔵小型アンテナは、「アクティブアンテナシステム 」(Active Antenna System、以下、AAS)と呼ぶもの。1つのきょう体に、複数のアンテナと小型無線機を搭載した無線局装置で、これまで採用されてきた非一体型の装置よりもカバーエリアが拡大できるほか、省スペース化、低消費電力化などが期待できる。KDDI研究所では、2012年3月に従来型のアンテナと同等のサイズに小型化したAASを試作開発に成功しており、今回はさらに指向性制御技術を実装した実験を行うに至った。

実験は、2014年3月から栃木県栃木市で実施した。AASの指向性制御技術の有効性を検証するため、AASをマクロセルとして利用した屋外実験を行った。指向性制御技術を実装したAASをマクロセルとして使うことで、マクロセル内のスモールセルのあるエリアに対して部分的に電波を弱めることで干渉を防ぐ効果を検証した。その結果、マクロセル内のスモールセルエリアのダウンロード速度が従来の基地局装置を利用した場合の1.6倍になることを確認した。消費電力も約50%低減できた。

【報道発表資料】
国内初! LTE-Advanced向けアクティブアンテナシステムにおいて指向性制御技術を実装した屋外実験を実施

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。