WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

上海SNH48、初の総選挙開票!

2014.07.30

Updated by Hitoshi Sato on July 30, 2014, 02:19 am JST

20140730-1.jpg

©SNH48

AKB48の姉妹グループで、上海を拠点に活動しているSNH48が2014年7月26日、ファンの投票で選抜メンバーが決まる「選抜総選挙」が開催された。日本ではお馴染みの「選抜総選挙」の上海版である。AKB48の海外グループではジャカルタを拠点に活動しているJKT48は2014年4月にインドネシアで「選抜総選挙」を行った(参考:インドネシアで大人気のJKT48:初の総選挙開票!)。2012年10月に結成されたSNH48にとっては初の選抜総選挙である。

以下が選抜メンバーに選ばれた16人である。
1位: 吴哲晗  19,281票 (チームSⅡ)
2位: 邱欣怡  14,802票 (チームSⅡ)
3位: 赵嘉敏  11,079票(チームSⅡ)
4位: 鞠婧祎  10,145票 (チームNⅡ)
5位: 张语格   9,061票 (チームSⅡ)
6位: 李艺彤   9,037票 (チームNⅡ)
7位: 莫 寒   7,331票 (チームSⅡ)
8位: 许佳琪   7,256票 (チームSⅡ)
9位: 陈 思   6,407票 (チームSⅡ)
10位: 陈观慧   6,318票 (チームSⅡ)
11位: 李宇琪   6,027票 (チームSⅡ)
12位: 龚诗琪   5,877票 (チームNⅡ)
13位: 戴 萌   5,785票 (チームSⅡ)
14位: 易嘉爱   5,653票 (チームNⅡ)
15位: 孔肖吟   5,413票 (チームSⅡ)
16位: 徐晨辰   5,344票 (チームSⅡ)

SKE48と兼任している宮澤佐江さん、AKB48と兼任している鈴木まりやさんも参加したが、残念ながら上位16人には入らなかった。2014年6月に開催されたAKB総選挙で12位にランクインされた宮澤佐江さんはTwitterで以下のようにつぶやいている。


また、AKBおよびSNHの総選挙で圏外だった鈴木まりやさんはTwitterで以下のようにつぶやいている。


そのあとのつぶやきがポジティブである。これからも頑張ってもらいたい。

1票の投票券がついたCDが1枚78元(約1,280円)、また48票の投票券がついた「全員応援版」は1,680元で、5月末から2か月間にわたってインターネット上で投票ができた。CDが売れないと言われている中国で、これだけのCDが売れるのも投票券の効果であろう。選抜総選挙の翌日7月27日には、上海世貿商城で第一回SNH48選抜総選挙の謝恩握手会が行われ、会場には、終わりの見えない長蛇の列が出来ていたそうで、選挙後も盛り上がっていたようだ。

中国の人々は選挙には慣れていない。「選抜総選挙」のカルチャーが今後、中国の若者の間に根付くことによって、近い将来、中国の社会を変えるかもしれない。

▼SNH48総選挙で1位の吴哲晗さん、2位の 邱欣怡さん、3位の赵嘉敏さん(© SNH48)
20140730-2.jpg

▼SNH48選抜総選挙での上位16名のメンバー(© SNH48)
20140730-3.jpg

▼SNH48総選挙で1位の吴哲晗さん(© SNH48)
20140730-4.jpg

【参照情報】
SNH48
宮澤佐江さんTwitter
鈴木まりやさんTwitter

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

佐藤 仁(さとう・ひとし)

2010年12月より情報通信総合研究所にてグローバルガバナンスにおける情報通信の果たす役割や技術動向に関する調査・研究に従事している。情報通信技術の発展によって世界は大きく変わってきたが、それらはグローバルガバナンスの中でどのような位置付けにあるのか、そして国際秩序と日本社会にどのような影響を与えて、未来をどのように変えていくのかを研究している。修士(国際政治学)、修士(社会デザイン学)。近著では「情報通信アウトルック2014:ICTの浸透が変える未来」(NTT出版・共著)、「情報通信アウトルック2013:ビッグデータが社会を変える」(NTT出版・共著)など。