WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

アップル、最新型のiPadに「Apple SIM」を採用 - ユーザー側でキャリア変更可能に

2014.10.17

Updated by WirelessWire News編集部 on October 17, 2014, 12:11 pm JST

アップル(Apple)が16日(米国時間)に発表した「iPad Air 2」および「iPad Mini 3」の「Wi-Fi + Cellular」モデルに、「Apple SIM」という独自のSIMを採用していることが明らかになった。

201410171130.jpg

「Apple SIM」に対応する携帯通信事業者は、いまのところ米国のAT&T、スプリント(Sprint)、T-モバイル(T-Mobile)、英国のEEのあわせて4社で、米ヴェライゾン(Verizon)は未対応。またその他の地域の通信事業者の対応には触れられていない。

この話題を採り上げたThe Vergeでは、「Apple SIM」が次期iPhoneにも搭載される可能性に言及し、通信キャリアごとに種類の異なる現在のようなSIMはいずれ姿を消すだろうと予想している。

ユーザー側が設定変更するだけで、異なる携帯通信事業者のサービスを使い分けることが可能になれば、従来SIMロックをユーザーつなぎとめの手段のひとつに利用してきた通信事業者側では新たな対応を迫られることになるが、ただし米国では今年8月上旬に「SIMロック解除法」が成立してことなどもあり、「Apple SIM」のような新たなタイプのSIM登場もすでに織り込み済みとの可能性も考えられる。

【参照情報】
Apple's new iPads let you switch wireless carriers without changing SIM cards - The Verge
The SIM card is about to die - The Verge

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら